Webサイトレビュー

テキスト文中に表記するときは「Facebook」と大文字に

Facebookブランド

Facebookを使う人が身の回りに急増してきた一方でこんな話も回ってきました。

Facebook | ブランドリソースセンターより引用:
文中でFacebookに言及する際、「F」は大文字で表記してください。

えー!ロゴを見ていると小文字に見えるんだけどー。
と思ったのですが、テキストでは大文字で表記することが原則のようです。ということでこれから記事を書かれる方や言及される方はFacebookと大文字で表記されたほうが、ブランドを遵守することになるでしょう。一般利用者からはどうでもいいことですが、情報発信者としては正しい表記を知っておくのが吉。

さて、色々他にも書いてありました。


あなたの名前と弊社の名称を組み合わせることはできません。

「Facebookwackey」なんて名乗ることは出来ないのです。フェースブックwackey!

Facebookや弊社の商標名を動詞で使用しないでください。また複数にしないでください。商標を改変することはできません。

これは日本でいう「ググる」みたいなことですね。
「フェースブックる」という動詞を創ったりしてはいけないのですね。最近、フェースブックってばっかり、というのもダメでしょう。

「Facebook」というテキストには、その他のコンテンツと同じフォントサイズとスタイルを使用してください。

ということは目立たせるために江戸文字勘亭流的なフォントをFacebookというテキスト部分だけに適用することは出来ないのですね。

というわけで、すでに発行されている書籍とかはともかくこれから書き物仕事される方はお気をつけください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

wackey

Webディレクター・プロデューサーなどで大手企業サイトの構築に携わった後、インターネット広告営業やWebコンサルティングなどを行う。フリーランスを経て2012年にプラス・ムーブメント合同会社を設立。Webサイト・システムの制作やブロガーツアー・イベントなどの企画・運営を行う。地域ブログをまとめたLocketsというサービスの事業責任者としてビジネスを展開。 2015年にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社に入社。 レビューズにてインフルエンサーマーケティング事業の立ち上げに関わり運営。またアンバサダープログラムの運営など多くの企業の支援をバックアップしていた。 現在プラス・ムーブメント合同会社を経営しつつ、新しい働き方について模索している。 主な著書に「アフィリエイターのための Web APIプログラミング入門(ビー・エヌ・エヌ新社)」がある。

-Webサイトレビュー