桜新町サザエさん通りよりも元三河屋というセブンイレブンが気になる、キニナル



桜新町に来たときに「サザエさん通り」というものに出会って少し興味を持っていたのですが、また桜新町に来たので、ついついiPhoneで写真を撮っていました。 


いたるところにサザエさんを見かけますが、主にこの東京電力(?)のものと思われるところにとことん、サザエさんが貼ってあります。




同じよう絵柄が何回か続きます。

そして、ところどころ、店頭などにもこんなオブジェがあったりします。

銅像なんかもありました。



で、何故サザエさん通りというのかと言うと

昭和期、当地域に漫画『サザエさん』の原作者・長谷川町子が居住していた。国道246号に程近いセブン-イレブンは、以前は「三河屋」という酒店で、漫画に登場する「三河屋さん」のモデルであった。また、桜新町一丁目の長谷川町子美術館では、『サザエさん』の原画が常設展示されているほか、長谷川姉妹所蔵の美術収蔵品展示が行われている。桜新町駅と当美術館を結ぶ商店街通りが「サザエさん通り」と名づけられ、公共スペースのあちこちにサザエさんのイラストが施されるなど、「サザエさんの町」として親しまれている。
桜新町 – Wikipediaより

桜新町駅〜長谷川町子美術館を結ぶ商店街通りに名付けられたそうなんですが、そんなことよりも!

国道246号に程近いセブン-イレブンは、以前は「三河屋」という酒店で、漫画に登場する「三河屋さん」のモデルであった

マジか!
三河屋のモデルがそこにあったのか。
それも今、セブンイレブンになってるのか!!
そのセブンイレブンに行くべきだと思い始めました。

三河屋のサブちゃんはセブンイレブンのレジにいるのだろうか。
とにかくそのセブンイレブンに猛烈に行きたくなりました。

長谷川町子思い出記念館 
4022613440