未分類

MTのダイナミックパブリッシングでも404ページに代わるもの+α

 404 by you.

Movable Type 4.2を使ってカスタマイズし始めてだいぶ経ちますが、随分とインタフェースや使い勝手を学習してきました。当初からダイナミックパブリッシングを導入していますが、この場合、記事を削除したり移動させたりすると、404ページではなく、「ダイナミックパブリッシングエラー」というテンプレートが使われた上記の写真のようなエラーページが表示されます。

これだと味気がないというよりも「このページは見つかりません」ってちょっと“ぶっきらぼう”な感じがするので、せめてものおもてなしを、ということで、せめて検索窓ぐらいはつけようと思い立ちました。

そこで、最近ブログなどで取り上げられているGoogleウェブマスターツールのウィジットを貼りつけてみました。


404 by you.

まだβ版ということもありますし、404エラーではないという例外はあるものの、「キーワードの候補」が埋め込まれたGoogle検索窓が自動的に表示されます。

ページが見つからなくても、訪問者に検索を促すことで、すぐ立ち去ってしまうことを防ぐ効果がありそうです。

「ページが見つかりません」はあまりにも・・・、ということもありますが、現在のこのブログの状態はMTに乗り換えたところなので、ページが見つかりませんというよりも移動したことのほうが圧倒的に多いことが考えられます。

というわけで、ここはコピーの問題もありますが「ページが見つかりません」ではなく「このページは移動された可能性が高いです。」と表示し、検索を促して、目的のページにたどり着いてもらおうと思い立ちました。

今後ダイナミックパブリッシングでなく静的なHTML、スタティックHTMLでブログ展開することも考えております。その際には404ページを作成し、上記のようなページを作成していきたいと思います。

参考にしたのは効果的な404ページを自動生成してくれるGoogleの『Custom 404 pages』 | IDEA*IDEAです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

wackey

Webディレクター・プロデューサーなどで大手企業サイトの構築に携わった後、インターネット広告営業やWebコンサルティングなどを行う。フリーランスを経て2012年にプラス・ムーブメント合同会社を設立。Webサイト・システムの制作やブロガーツアー・イベントなどの企画・運営を行う。地域ブログをまとめたLocketsというサービスの事業責任者としてビジネスを展開。 2015年にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社に入社。 レビューズにてインフルエンサーマーケティング事業の立ち上げに関わり運営。またアンバサダープログラムの運営など多くの企業の支援をバックアップしていた。 現在プラス・ムーブメント合同会社を経営しつつ、新しい働き方について模索している。 主な著書に「アフィリエイターのための Web APIプログラミング入門(ビー・エヌ・エヌ新社)」がある。

-未分類