リクルートWEBサービスを使ってみた

リクルートWEBサービス by you.

リクルートWEBサービスというのを使って今日なんちゃってサイトを3つつくりました。

リクルートWEBサービスはその名の通り、リクルートが保有するコンテンツ(データベース)を外部から利用できるようにするものです。

一番身近なところで言えばホットペッパーとかありますが、他にもお子さん誕生前後の赤すぐnetとか車情報のカーセンサーネットとかあります。

こういったデータベースを利用できるので、何か面白いサイト作れないかなあ、と企画してみたく、とりあえず使い勝手も含めて確認の意味で、作ってみました。

うわっ!あの店なんだっけ?電話番号しか知らない・・・Beta

あまり利用する機会は無いと思いますが、ホットペッパーを見て電話して予約したんだけど、店の名前と場所を忘れた人のためのサイトを作りました。

単純に電話番号を入れて、ホットペッパーのデータベースから検索して取り出すだけですが、果たして利用シーンは謎のままです(笑)。

冗談はさておいて、あのホットペッパーの膨大な飲食店情報が使えるのは面白いです。

パラメータのひとつ「horigotatsu」というものに惹かれました。

「掘りごたつ専門飲食店検索」とか作れそうです。

赤ちゃんすぐできた。どうしよう・・・。Beta

赤すぐnetというサイトの存在すら知らなかったのですが、ここでは妊娠・出産準備から育児関連の通販サイトのようです。

「ママ・パパ→お洋服→パパのお洋服」で検索してみたのですが、パパの洋服はありませんでした・・・。

ところで、ホットペッパーもありますが、リクルート WEBサービス UI Libraryというものが用意されています。

リクルートWEBサービス by you.

いわゆるプルダウンメニューを選んでいくと大カテゴリ→中カテゴリ→小カテゴリと絞られていくものです。

自分のサイトでカテゴリー情報を持たなくてもJavascriptでその都度情報を取得し、カテゴリーの選択肢を生成してくれます。ナントカ検索でカテゴリーを絞り込みそうなものには便利です。

オレ、お前と別れて引っ越すよ。Beta

もうこの時点で悪ノリしていますが、今度は物件情報を引っ張ってきています。

これも同じように、今回は沿線で絞り込めるように、同じくUI Libraryを使用しました。

こうやって先日見つけてから今朝登録して、合間にちょこちょこと作ってみたのですが、こういったデータベースを利用してサイトをさくっと立ち上げられるのは10年前では想像できませんでした。

もしかしたら、こういうので楽しい&面白いコンテンツが作れるかもしれませんね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です