つい先日、現在位置取得で周辺のスポットを検索できるAndroid アプリをリリースしました。Google Playから無料ダウンロードできますので、’cocopika’で検索してもし良ければインストールしてみてください

さて、今回のアプリ制作は今までの経験と比べてもすさまじく簡単且つスピーディーに開発できました。さほど苦労していないのです。こんなに楽勝でいいものか、と思わされました。
iPhoneアプリ化も時間の問題です。

まず、ざっくりとした話をしますと、HTML5+CSS3+JavaScriptというか平たくいうといわゆるHTMLで書いたWebアプリというかサイトをですね、ブラウザの機能とラッピングしてスマートフォンアプリにする方法があります。

これは以前からPhoneGapというものがあり、個人的に取り組んだりセミナーでも取り上げたりしたことがあるのでその技術については知っていました。

しかし、時代は経ちいつの間にかAdobeが絡み始め、気がついたらDreamweaver CS5.5と連携するようになっていたのです。なんかすごそう、とかお手軽になったという印象もあったのですが、それ以前の固定概念が強くそれを使うのを邪魔していました。

かつてAndroidアプリ化するときに使ういろいろなソフトのインストールや設定、シミュレーターの異常なまでの重さで疲弊していました。本当にしょうもない話なのですが、それ自体が面倒だし時間と手間もかかるし、不慣れなソフトでややこしいし、そんなにメリットを感じなくなりました。
Webアプリで満足してしまうようになるのです。

それにはもちろん、他にも理由があるのですが、再びPhoneGapを使って何かを、という気力が途絶えそうになっていたのです。

そんなある日、とある無料の勉強会で位置情報を使ったJavaScriptのみのWebアプリみたいなのを作るワークショップを開催しました。実質2時間で組み立てて、それを改造しあうようなワークショップです。

実はこの時のソースをほんのちょっと変えただけのものをアプリ化したのが今回リリースしたものなんです!
その時の勉強会のソースは今も普通に公開しています。

そこで、どうしたかというと、Dreamweaver に設定してビルドボタンをおしただけで、ものの1分ほどでしょうか、インストールできるアプリのファイルが出来上がってしまうのです。これはAndroid だけでなく他のスマホ用のアプリも同時に作成されてしまうのです。

ここでDreamweaverに表示されたQRコードを読み取り、XPERIAにインストールするわけですよ。
たったこれだけでもうAndroidアプリとして動いてしまっています!!
※事前に PhoneGap Buildのサービス登録とかいろいろありますが、さほど苦労することでもありませんでした。

なんじゃこりゃ〜!
っていう感じのお手軽さです。今までの正攻法(?)でAnderoidアプリ化してきた苦労やストレスが嘘のようです。

あまりにもあっけなくできてしまったので、ここからDreamweaver CS6 + PhoneGapの開発フローを開発しようとするわけです。

Adobe Creative Cloud 3ヶ月版 [ダウンロードカード]
B008CY8A7G

本丸はGoogle Play でのアプリ配信だったりするのでここからは、より実用的な改造やパスの書き換え、スプラッシュ画面やアイコンの作成、Google Play での配信をするために証明書をどうにかしたりとか、いくつかの手順を踏みました。
勉強とテストを合わせても1日かというぐらいの短い時間で習得して実際のリリースまでこぎつけるのです。

もちろん以前の苦労を知っているから、というのもありますが、ネイティブでの開発に比べWebでのサイト制作経験があれば新しい言語を覚えることなく、ちょっと頑張ればそのコンテンツをアプリ化できるので、興味があればやらない理由はないかもしれません。

僕のいけないところは食わず嫌いなところですが、ちょっとの期間、多少ストレスがタマろうとも集中して学習、実験などを繰り返してなんとかなったのですから、やれば乗り越えられなかった壁を乗り越えられるかもしれない、ということです。

HTMLで作ったものもほぼ即席に近いものですし、アプリ化の技術も浅いので市場に出回っているアプリに比べ完成度とかレベルは低いのですが、この実例でチャレンジする人が後に続けば、と考えます。

ニーズがあればこのやり方のセミナーを開催してみても良いと思いますが、ググっても微妙にどんぴしゃな情報源が見つからない中、何日も苦しんで到達する喜びを得られことも良い経験になると思います。

最後に記念にGoogle Playの掲載画面を紹介します。
これがこんな感じです目指せるというイメージが湧くとやってみよう、という気持ちになれるでしょう。

Posted from するぷろ for iPhone.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です