WordPressの公開ボタンの位置を離すプラグインを作ったよ

publishing-action-button-css

昨日、下記記事のはてブなどの反応でネタかと思っていたのですが、まあ、確かに物理的にレイアウトや配色を工夫しているとは言え、うっかり押してしまう方もいらっしゃるんだろうなぁってこの記事を見て思いました。特にWordPress初心者の方など。

WordPressで間違って「公開ボタン」をクリックしない工夫

ある程度WordPressを触っている方には予想も出来ないことかもしれませんが、ひょっとしたら、これも大切なことかと。

ところが、この記事を読み進めていて意外な記述が。

プラグインを作れる方は、ぜひ作ってくださいー!

いやいやいやいや、もう、ほとんど出来てますって。


プラグイン化する意義とは

ここではfunction.phpを修正する形をとっています。

WordPressを使う方にPHPが扱える方が多いかも知れませんが、使えない方も多いわけでそのファイルの編集すら、ブログASPでのブログ編集になれた人にとってはとてもハードルが高いモノです。うっかり書き間違えて画面が真っ白になって動かないとかエラーが出てかっこ悪いことになったりとかすることも予想されます(自分は断じてそのファイルを触ろうと思いません)。

そこで同じ機能を持つものをプラグインとして実装します。
プラグインであれば、ダウンロードしてインストールして有効化するだけで使えます。コードの編集は必要ありません。

幸い、ほとんどのコードはこのブログ記事に書かれているので、作るのに手間はかかりませんでした(というかこのブログ記事を書く時間のほうが長いw)。

ダウンロードはこちら

publishing-action-button-css.zip

publishing-action-button-css

サーバーのプラグインフォルダ(/wp-content/plugins/)にアップ後、有効化ボタンを押すと使えます。

特に管理画面は作っていません。ファイル中の400という数字を変えれば、余白の幅を調整できます。管理画面作っても良かったのですが、そこまでしなくてもわかるかな、と。

そして、ネーミングセンスが悪い以前にちゃんと名前をつける気力が無かったので、適当な名前ですが、お好きな名前に変えたり、プラグイン名を変えたり、改造などご自由にどうぞ。

元記事のコードを基本的にそのまま使っていますが、関数名を変更しています。admin_cssはありきたりな名称なので他で使われる可能性もあるのであえて名前を変えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です