Webサイト開発・運営

Google プレイス検索(Google Places API)を使うためのAPIキーの取得方法

WordPress Locketsプラグインの次期バージョンではGoogle マップや Google+ と同じデータベースから取得される約 1 億か所の多彩なプレイスの詳細情報を取得し表示します。
※現在Google Maps表示のみの簡易的な機能をβ版としてgithub上で公開しています(Ver0.49)。
wackey/lockets: WordPress用プラグインLocketsのリポジトリ

それを使うためのAPIキーの取得方法をご案内します。

下記ページにアクセスします。

Google Places API Web Service のキーを取得する  |  Google Places API Web Service  |  Google Developers

中央あたりに表示される「キーの取得」ボタンを押し、表示される画面に名前をつけて「CREATE AND ENABLE API」をクリックします。

するとAPIキーが表示されます。

これをLockets管理画面のGoogle Maps表示設定に入力してください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

wackey

Webディレクター・プロデューサーなどで大手企業サイトの構築に携わった後、インターネット広告営業やWebコンサルティングなどを行う。フリーランスを経て2012年にプラス・ムーブメント合同会社を設立。Webサイト・システムの制作やブロガーツアー・イベントなどの企画・運営を行う。地域ブログをまとめたLocketsというサービスの事業責任者としてビジネスを展開。 2015年にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社に入社。 レビューズにてインフルエンサーマーケティング事業の立ち上げに関わり運営。またアンバサダープログラムの運営など多くの企業の支援をバックアップしていた。 現在プラス・ムーブメント合同会社を経営しつつ、新しい働き方について模索している。 主な著書に「アフィリエイターのための Web APIプログラミング入門(ビー・エヌ・エヌ新社)」がある。

-Webサイト開発・運営
-,