WordPress

WordPress MU(WPMU)でAkismetをようやく入れる

実は、半年ぐらい前にWPMUでサイトを作って以来、Akismet(スパム対策プラグイン)を入れてなかったのです。

いくつかワードプレスでブログを立ち上げているのに、これをやっていないなんてことはすごく珍しいことです。

WPMUになって管理タスクも多くなり、とりあえず試しに使ってみようということで、後回しになっていました。

しばらくサイトを放置するととんでもないスパムコメント、ユーザー、ブログが増えていて、そろそろ対応せんなあかんなぁ、と3ヶ月ぐらい放置していたのです。

というわけで、重い腰をあげて対策しました。

参考にしたのはこのサイト

WordPressMUでAkismet  

ここに書いてある通りにやっていけば良いのですが、解凍したAkismetフォルダごと「mu-plugins」ディレクトリの中へアップしてください。

そうじゃないと、真っ白な画面が出て慌てることになります。

とりあえず、これでAkismetを有効にしたわけですが、これもやっておく必要がありそうです。

WordPressMUで新規ユーザ登録時にCaptchaする

スパムの大半はロボットとかスクリプトで自動的に動いている物なので、このように人間の目でチェックしないとユーザー登録できない仕組みも有効です。

ちなみにサイトを放置した結果ですが、300人ぐらいのスパムユーザーとブログが出来上がってました。

それほどページは作られてないようなので、激しく重くなることは無いのですが、やはり重くはなるし、グーグルのクロール結果にゴミを残す結果になるので、きちんと対策はしておきたいなぁと思いました。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

wackey

Webディレクター・プロデューサーなどで大手企業サイトの構築に携わった後、インターネット広告営業やWebコンサルティングなどを行う。フリーランスを経て2012年にプラス・ムーブメント合同会社を設立。Webサイト・システムの制作やブロガーツアー・イベントなどの企画・運営を行う。地域ブログをまとめたLocketsというサービスの事業責任者としてビジネスを展開。 2015年にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社に入社。 レビューズにてインフルエンサーマーケティング事業の立ち上げに関わり運営。またアンバサダープログラムの運営など多くの企業の支援をバックアップしていた。 現在プラス・ムーブメント合同会社を経営しつつ、新しい働き方について模索している。 主な著書に「アフィリエイターのための Web APIプログラミング入門(ビー・エヌ・エヌ新社)」がある。

-WordPress