明日は七夕だ。

この重要度が高く緊急性の低いタスクは、緊急性の高い仕事に先送りされ、結果として本日処理することとなった。

結果として期限ギリギリのアウトプットを求められるタイミングでどうしようもない浅はかなことを書いてしまった。時間の無さ故に何も考えられていない。


これを晒すことにより僕の人間性を始め、その知性や思想に疑問を持たれる結果となる。

まさに「悪貨は良貨を駆逐する」わけです。

緊急性の高いタスクに追われ続けると重要なものがなにだったか見失うわけである。

だからこそ、その緊急性の高い仕事は本当に重要なことかを見定めるスキルは必要だ。

とは言え、いざという時にはこれまでの蓄積が物を言う時がある。それは経験則だ。経験則というスキルでそれを乗り切ることもたまにある。

だからこそ日々の積み重ねが必要だ。

そしておなかの脂肪はコツコツと日々の積み重ねの結果である。

そう、短冊に痩せますようにと書いても日々の積み重ねでしかない。書くことで終わりではなく、日々積み重ねることによって、それを実現していくのだ。

短冊に書くことはそのためのコミットメントでしかない。

希望や願望を、単にかくだけでなく!いかに続けて実現するかをコミットメントするのである。

と、しょうもないこと書いたことをここまでそれっぽい文章を書くで引っ張るテスト

Posted from SLPRO X for iPhone.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です