もっと早く出て欲しかった!キヤノンのミラーレスカメラ”EOS M”

昨今、ミラーレス一眼のようなデジカメが普及しておりますが、何故かキヤノンからは出ておりませんでした。それがこの度ミラーレスカメラ”EOS M”として発表され、キヤノンマーケティングジャパン株式会社様のブロガー発表会に参加しました。

結論から言えば、これまでのコンデジとミラーレス一眼の経験から見ても良く出来たカメラだと感じました。
EOSについては触ったことが無かったのですが、誕生してから25年という節目に気合いを入れてミラーレスに参入してきたという印象があります。

まあ、当然のことながらプロのカメラマンさんもよく使っているキヤノン製のカメラ。私も先日お世話になった素晴らしいカメラマンさんもさりげなくキヤノンの一眼を使っていたと思います。
やはり、それだけの製品開発技術をもってのことだと思いますが、今回のカメラ開発にも惜しみなくその技術を展開していることを垣間見ました。

EOSは高画質であったりそのフィロソフィーを今回の”EOS M”でも引き継いでいるとのこと。それでありながら、小型・軽量化を実現しています。デジカメにとってはそれは命題ですが、今回のEOS Mは後で触れてびっくりするのですが、ボディが軽くて驚くのです。

スタイリッシュなデザイン、それは新製品では当たり前のものかもしれません。でも、このEOS Mのデザインは見た目の印象だけでは言い表せないものがあります。
それは数多くのモックアップを作ってはボタンの押しやすさや持ちやすさなどを徹底的に検証したことです。実際に、実機で写真撮影してみると、ボタンはしっくりと押しやすい位置に、それでいて、しっかりと押せる感触を得ました。

デザインとは見た目だけで無く、ユーザーが利用しやすい、そんなところまで気を配ることなのです。

専用のレンズに関してはこの本体に合うデザインになっていますが、これはこれでいいとして・・・

驚くべき事はこれです。
マウントアダプターを付けることで、過去のEFレンズが使えてしまうのです。これまでCanonのデジカメを使っていてレンズを買いそろえていた方はそれがそのままこのEOS Mで使えますし、レンズの有効活用が出来ます。
そうでなくても、これだけのレンズの選択肢がすでにある、と考えれば新たに作られるレンズの発売を待たずとも、豊富なレンズ資産の中から自分が欲しい物を選んで買いそろえていく、という楽しみ方も出来るでしょう。

最もインパクトがあったのはこの部分です。過去のEOSユーザーもセカンドカメラとしてEOS Mを選択させてしまうぐらいのものではないかと感じました(コンデジしか持っていないボクには想像の域でしかありませんが)

とは言えども、まずは気軽にレンズ交換の楽しみも味わえそうな標準レンズとパンケーキのダブルレンズキットを中心に提案・販売を展開されるようです。

このあと、タッチアンドトライということで実際に触ってみました。

そうです。これだけのレンズの種類を見せられると、これまでの経験や歴史も感じさせると同時に、これらの資産を活かせるということもイメージ出来ます。

実機を触って初めに気づいたのはシンプルなインタフェースです。上部からは電源と3つの選択肢しかそんざいしない切替スイッチがあります。よくコンデジなんかでもこの部分についている回転するスイッチは6種類とか8種類とか選択肢があったような気がするのですが、わずか3つです。

こちら側から見てもボタンなどのインタフェースがずいぶんと従来のデジカメよりダイエットされた感じがします。

実は物理的なボタンなどは必要最小限にし、液晶画面上にあるタッチパネルでできることはタッチパネルに集約させる、ということで、メニューの整理をしたようです。
確かに、直感的にわかりやすい構造になった気がします。

最後にインパクトのある写真をひとつ。

巨大な望遠レンズが使えます。本体が小型で軽くてまったく不釣り合いですが、使えてしまうのがスゴイ。本体が262gなんで、ただでさえミラーレス系のカメラの中でも軽いと思うのですが、レンズがずっしりと重くて本体がオマケでレンズが本体と思えるような感じです。カメラ付きレンズみたいな。

でもこんなことが出来るなんて、って驚きでしか無くて自分がここまでするかというと実は微妙です。でもダブルレンズキットであれば、本体も軽いし、使い勝手の良さもあって気に入ってしまいそうな予感です。

Canon デジタル一眼カメラ EOS M
B008O0WZL0