あけましておめでとうございます!2011年のチャレンジ

2011

あけまして、おめでとうございます。
2011年のブログ書き初めは普通に自炊ネタを書いていましたがここで改めて、新年の挨拶として、チャレンジしたいことなど決意を書き留めておきたいと思います。

昨年書いていたことを振り返ってみます。

明治神宮初詣と2010年の抱負 – [Mu]ムジログより:
そして、2010年。
ボクは人生の大きな転機に来ていると思います。 チャレンジすべきタイミングです。
自分の健康面にも配慮した上で、バランスの取れた活動(趣味、仕事含む)が継続的に出来ることを目指したいと思います。

この「大きな転機」と「チャレンジすべきタイミング」という言葉は文字通り2010年を反映しているものでした。
会社員から一人の個人として、そして、新たに自分自身がチャレンジをしていくことがその後の出版や新たなビジネスの創出にも繋がっていると感じています。

ただ反省点としてはバランスのとれた活動ができず、どうしてもどれも中途半端になりがちで、逆にどれもバランスをとろうとするとどれも中途半端になるところです。取捨選択と偏りすぎないコントロールが今年は求められていきます。
そこで掲げた今年の目標は下記3点です。具体的に3項目出してみました。

  1. Webでマネタイズをして自律していく
  2. 自分でマーケットを創りそのリーダーとなる
  3. バランス重視、濃度の濃い活動を各方面で行う

1番目はせっかくこれまで学んできたことや技術を活かして、Web上でマネタイズを進めていくことです。これは課金なのか広告なのか、物販なのかここでは明確にしていませんが、Webを通じたマネタイズは現代社会で新しい価値を創造する面白い道であると感じています。

2番目は1番目とかぶるところもあるかもしれません。
まだ未成熟のマーケット、もしくは存在しないマーケットを自ら作り出し、そのマーケットリーダーになることです。
これは昨今のクーポンビジネスにおけるグルーポンや携帯電話で言えばiモードのドコモなどに代表される様なものです。そんな大げさなことはできないかもしれませんが、新たな市場を創るほど人生で面白い物は無いのではないかと思ったのです。

3番目は昨年の反省材料です。1番目と2番目が前向きの目標に対して、足場を固めるためのものであると思います。
これは最終的には自分自身の人生のクオリティを高めるためになるでしょう。

そういった観点から、今年は、年賀状でも書いたのですが、「二重にイイ年」にしていこうと思います。
昨年より濃度も二倍、成果も二倍、結果も二倍、出会いも二倍・・・何もかもを二重に重ね合わせていい年にしていこうと思います。