少しずつ走り始める

何も代わり映えのしない通勤風景。

惰性で生きてきた毎日を変えなければ、ということ、そして健康な状態を維持したり、ダイエット目的でジムに通い始めた。


変えよう!と思ってまずは思い切ってジムに入会した。

最初の三カ月は月に一回程度しかいけてなくて、毎月の一万円が痛い。

お金のために行くのではないが、当初は毎週通うつもりだった。でも仕事の忙しさなのか、行けなかった。

最初は走ることも出来なかった。

まずは一分走ろう。

次は二分。

一カ月に一回程度しか行けてないジム。一分しか走ってないのですが何もせずゼロなのとは大違い。

いきなりマラソン選手にはなれないけど、わずかでも少しずつ走り始める。

走り始めることにより何かを変えていく。

何も変わらず惰性で生きてきたこれまでから新たな世界へ!

少しずつ少しずつ。昇っていこう