暮らし

新横浜駅待合室内の電源

新横浜駅なう

GW中のためか、すいていました。といっても何か作業に夢中になっていると、新幹線にに乗り遅れるというというデメリットもあります。

どこの電源カフェでも似たようなことがありますが、用意されている電源コンセントは一人当たりひとつ。この写真のようにボクは50cmの延長コード(差し込みにくいところに挿したり、Macのアダプタが挿しやすいように)、三つ叉コンセント、それぞれ100円均一で手に入るものですが、これらが重宝しています。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

wackey

Webディレクター・プロデューサーなどで大手企業サイトの構築に携わった後、インターネット広告営業やWebコンサルティングなどを行う。フリーランスを経て2012年にプラス・ムーブメント合同会社を設立。Webサイト・システムの制作やブロガーツアー・イベントなどの企画・運営を行う。地域ブログをまとめたLocketsというサービスの事業責任者としてビジネスを展開。 2015年にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社に入社。 レビューズにてインフルエンサーマーケティング事業の立ち上げに関わり運営。またアンバサダープログラムの運営など多くの企業の支援をバックアップしていた。 現在プラス・ムーブメント合同会社を経営しつつ、新しい働き方について模索している。 主な著書に「アフィリエイターのための Web APIプログラミング入門(ビー・エヌ・エヌ新社)」がある。

-暮らし