日本のマクドでも導入して欲しい!!スペインのマクドEASYORDERシステム

スペインのマクド

どうもヨーロッパのマクドでは当たり前らしいのですが、スペインのマクドで驚いたのがEASYORDERというシステム。お店の入り口に端末があり、そこでメニューを選んで支払いまで済ませてしまう。しかも、待たずに商品を受け取ることが出来るのが特徴だ。
EASYORDER端末自体、列も出来ていないので、すぐに注文の手続きを済ませて商品を手にするまで並んだり待ったりする手間は無いのです。

※写真はEASYORDER端末で決済した人が商品を受け取るスペース。すぐ右側はレジで行列が出来ている

スペインのマクド

タッチパネルで商品を選んで行きます。ちなみに最初に言語選択があります。スペイン語でも良かったのですが、自信が少し無かったので英語にしてみました。

スペインのマクド

支払いは画面下にある、この端末で行います。クレジットカードを入れて、暗証番号を押し、商品の代金をクレジットカード決済します。

スペインのマクド

飲み物メニューはコールドドリンク中心でホットドリンクは別カテゴリとなっています。これ、冬になったら逆転したりするのかな。

スペインのマクド

「ご一緒にデザートでもいかがですか」的なことも端末上で勧めてきます。「no,thanks」ボタンを華麗に押してしまいました。

スペインのマクド

あと、プラス何ユーロかでLargeサイズに切り替えられますが、いかがですか、なんて店員がいいそうなことを端末上でやってくれます。

スペインのマクド

最後にクレジットカード決済すると、このようなレシートのようなものが出てきます。これを先ほどのEASYORDER専用のカウンターに持って行くと、すぐさまに商品を持ってきてくれます。

スペインのマクド

ちなみにその時はセットを頼むと、ご覧のようなグラスを2個もらえました。オリンピックではなくEURO2012と、サッカーの関連グッズのようです。

というわけで、このEASYORDER。
最大の利点は4カ国語対応していること。なかなかそれだけの多言語を話せる店員は雇えません。ヨーロッパだと特に重宝するのでしょう。
また、この端末だけで接客ができるので、人件費を節約できそうです。

日本でも外国人がマクドに来店している姿をみかけますが、注文するのに苦労しているケースを見てきています。外国語に堪能な人を雇うのは難しく、こういった端末で解決するのもありでしょう。

それよりも母国語で注文できる人もクレジットカードさえあれば、列に並ばなくてもすぐにその場で決済して注文した商品が受け取れるファストパス的なオーダーができると、マクドで並ぶストレスも無くなって良いのでは無いかと思います。

日本マクドナルドでも同様のEASYORDERが導入して欲しいなぁと思います。(きっと欧米だけでなく東南アジアの言語対応も重要になりそうですが、それだけお客さんを増やすきっかけにもなりそうです)