高圧洗浄機

ご縁がありまして、ヒダカさんより高圧洗浄機「HK-1890」をモニターさせていただくことになりました。

上記は使用後の写真。
特別にオプションなども合わせてご提供いただいたわけですが、基本は上記3点(厳密には水道からのホースなどありますが)で使えます。

買ったときには大きなモノが届くって家族に言っておきましょう

ぶっちゃけて言えば、届いた時はびっくりしたわけですよ!
そのハコの大きさとそれが2個口で届いたことを!
(オプションが多いせいですが)

そのほとんどがオプションの部品なのですが、ちょっとビビってしまい、まずは説明書を読もうと思ったところ、DVDが入っていたので、これを見てみることからはじめました。

hidaka

付属のDVDでもハコの大きさについて説明されていました。
下記手の位置が本体の高さでその上にその他の部品やオプションが入っていることがあるそうです。

hidaka

今回はいろいろなオプションも付けて頂いていたので、もう一個口、形は違うのですが、同じ大きさのハコが届いてビックリ。

事前にちゃんと家族に説明していなかったせいか、「どこにこんな大きなモノ置くのよ?」「ちゃんと考えてるの?」と非難の嵐からのスタートでした。

意外とコンパクト?

そのハコの大きさの割にはコンパクトな本体。

Amazonのヒダカ 高圧洗浄機 HK-1890 (標準セット) 50Hz (東日本地区専用) の登録情報によると

商品パッケージの寸法: 30.5 x 34 x 75 cm ; 12 Kg
>発送重量: 14 Kg

とある。
重さは3歳児の体重ぐらい、パッケージの大きさも1歳児の身長ぐらいというよくわからない説明でご理解いただければと思う。
我が家に掃除のお手伝いががバツグンにできるカワイイ子どもがもう一人増えたと思えば決して邪魔だとは誰も思わないだろう。

水を使う慣れない機会なのでまずは無難なお風呂掃除から

まずはモノは試し。試運転がてら、お水をまき散らすのが心配なので、まずはお風呂の中で高圧洗浄機を動かしてみました。

角の黒いなかなか落ちない汚れ。カビとかでしょうか。

高圧洗浄機

試運転がてらジャーって高圧洗浄機から発車される水を当ててみました。
水鉄砲とは比較にならないほどの勢いで水が飛び出て焦ります。。。

(ちょっと当てただけでしばらくすると水しぶきが浴室内に霧ののようになって飛び散っていきます)

そして、4,5秒でしょうか。ほんのわずかな時間で。

高圧洗浄機

あ、綺麗になってる。

これを見せただけでも家族からは「おーすごい!」と言われますが、案の定、今まで洗剤でなかなか落ちなかったところもやって、と言われます。

シャンプーなど置いている台の下がなかなか汚れが落ちなかったのですが、ちょっとやっただけでもだいぶすっきり!

高圧洗浄機

そして落ちた汚れが浴室の床面に散らばります。

高圧洗浄機

このあと、この散らばった汚れを掃除しなかったことで怒られたのは内緒ですが、これだけ今までいろんな洗剤や道具を使っても落ちなかったものが落ちたことで、家族からの信頼を回復しかけます。

次に玄関を出たところの廊下(共用スペース)も少し試してみます。
ここは毎年、管理会社の人が綺麗に磨いて掃除してくださるところなので、そこそこ綺麗なのですが、ちょっとこの高圧洗浄機をつかっただけで、目に見えるような線がかけてしまいます。

高圧洗浄機

つまり、本気でやったら、ここ、もっと綺麗になるハズなんだ、ということがわかりました。
中途半端にやるとけっこう目立って残っています。。。

高圧洗浄機

来週、もうちょっと真面目にやろうかと思うが、共用部分なので我が家の前だけというわけにはいかず、2Fの6軒分の廊下の掃除をするか、ちょっと考えてしまいます(管理会社の掃除がそろそろな気がするが、それよりも綺麗にしてしまう危険性もありw)。

とにかく威力がわかったことと、家族の理解が得られたことで、実家の倉庫に持って行かれること無く、我が家の年末大掃除のメイン機材として活躍しそうです!

次の課題は車の洗車

実は、この高圧洗浄機が届いてやってみたいことがありました。
それは車の洗車です。

うちは2階建てのボロアパートです。少ししっかりしたマンションとは異なり、共用の水道設備とか電源とかありません。
つまり、車の洗車をしようと思えば、ものすごく長いホースでお風呂かどこかにつなぎ、2Fのベランダ部分から駐車場エリアにホースをおろして、洗車するか、とか非現実的なことを考えていました。

実はこのようなコメントをヒダカさんよりいただいておりました。

水道がない場所でも、電源がとれれば「自吸セット」を使って溜め水を吸い上げて使用できます。
可能な場所でしたらぜひ、自吸セットを使った洗車をお願いいたします。

「自吸セット」!

なるほど、それなら出来そうだ、と思ったのですが、電源が1階からとれません。共用の電源がありません。
1Fに住んでいる人に電源をめぐんでもらおうとお願いするにしてもちょっと難しいですよね。

では、車を出来るだけ階段の近くに寄せて自宅から2階もっとも階段よりの場所から高圧洗浄機で車に向ければいけるんじゃね?と思って実験してみたのが、次の写真。

高圧洗浄機

どうなったと思います?

高圧洗浄機から飛び出る水で車も綺麗に洗えると思ってしまいますが、実はそうではありませんでした。

意外と水が届いていないのです。

高圧洗浄機はノズルの噴射角度や洗浄面との距離で水圧を調節できるのですが、

そう、洗浄面との距離があると水圧はすごく弱まるわけです。

結論から言えば、「水をかける」ことができました。

そういった意味では今まで自宅の駐車場付近で出来なかった洗車が出来るようになったと言えそうですが、ちょっと待てよ!と思いました。

ヒダカ 延長高圧ホース 10m

これだ。

今2階の場所から10m伸ばせば、ここから更に1階まで降りて、車の至近距離から高圧洗浄機の水をぶつけられそうです。

というわけで、なんとかこの高圧ホースを使って次回試してみたいと思います。

これで念願の自宅での洗車が可能になりそうです。

こういうものって業務用というイメージだったのですが、家庭でもこうやって使えるようになってきているんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です