暮らし

自治体が発行する広報誌、PDFでも手に入りますよ。テキストをコピペしてLINEで送るとか使い道あるじゃない? #地域ブログ

自治体の広報誌

我らが横浜市青葉区。

毎月こんな広報誌が自宅に届けられるのですが、ちゃんと見るときもあれば忙しくて見ないときもあります。

しかし、この中には貴重なイベント情報満載。
市や区がやっている健康診断とかの情報もあれば、子育て情報、芸術やスポーツ関連のイベント情報なども。

こういう貴重なイベントがあれば、広報誌を挟みでチョキチョキと必要な部分を切り取ってカレンダーに貼ったりするのですが、実はその裏面にも貴重な情報もあって、手遅れなことも多々。

でもPDFなら大丈夫。

必要な部分だけ、メモすればいい。それに、テキストが拾えるPDFになっていることも多い。

 

自治体の広報誌

横浜市青葉区 広報よこはま青葉区版 最新号ほか

横浜市青葉区の場合は上記リンクからバックナンバー含め、PDFでチェックすることができる。

テキストも拾えるので、この情報は!と思うことはコピペでOK。

自治体の広報誌

↑子供をこのおはなし会に連れて行かなくちゃ!と思えばこれをコピペしてママ友にLINEデ知らせる。

もちろん、家族にこの健康診断行こうぜ!という誘いも出来る。

こういった自治体のサイトには情報だけでなく、その情報を扱いやすいようにPDFやテキストで展開されているところもあります。

定期チェックすると、素敵なイベントに出会えるかもしれませんね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

wackey

Webディレクター・プロデューサーなどで大手企業サイトの構築に携わった後、インターネット広告営業やWebコンサルティングなどを行う。フリーランスを経て2012年にプラス・ムーブメント合同会社を設立。Webサイト・システムの制作やブロガーツアー・イベントなどの企画・運営を行う。地域ブログをまとめたLocketsというサービスの事業責任者としてビジネスを展開。 2015年にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社に入社。 レビューズにてインフルエンサーマーケティング事業の立ち上げに関わり運営。またアンバサダープログラムの運営など多くの企業の支援をバックアップしていた。 現在プラス・ムーブメント合同会社を経営しつつ、新しい働き方について模索している。 主な著書に「アフィリエイターのための Web APIプログラミング入門(ビー・エヌ・エヌ新社)」がある。

-暮らし
-,