暮らし

新オフィスデスク

IMG_1125.JPG

部屋の模様替えで、パソコン空間は独立した雰囲気になりました。パソコン部屋というのは大げさですが、向きを変えただけで、テレビやら自分の部屋のオブジェなどが見当たらない、すっきりした景色になりました。

これをオフィスというのは大げさですが、新たな自分の作業場オフィスとして稼働させたいと思います。

つまり同じ部屋でもプライベート空間と違う“モード”に入る場所として「オフィス」と呼びます。

ただ単に部屋の角の壁に面した場所に机を設置しただけですが、テレビや電話や本棚、その上に載っている諸々のオブジェなど余計な物が目に入らないので、集中して何か作業ができます。

今こうやってブログ書いているのも、いつもと環境を変えた影響もありますが、集中してブログを書けます。もちろん部屋のレイアウト替えなんてまだ途中で(苦笑)、後ろを振り向けば本が山積みです。でもパソコンのまわりに気になるものがなくなったので視界がすっきりとして、余計なことを考えずに集中出来ます。

ほんのちょっとしたことですが、これだけでも集中力が変わるので、試してみてはいかがでしょうか。

ポイントは目の前やその周囲にモノがなるべく少ない状態にすることです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

wackey

Webディレクター・プロデューサーなどで大手企業サイトの構築に携わった後、インターネット広告営業やWebコンサルティングなどを行う。フリーランスを経て2012年にプラス・ムーブメント合同会社を設立。Webサイト・システムの制作やブロガーツアー・イベントなどの企画・運営を行う。地域ブログをまとめたLocketsというサービスの事業責任者としてビジネスを展開。 2015年にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社に入社。 レビューズにてインフルエンサーマーケティング事業の立ち上げに関わり運営。またアンバサダープログラムの運営など多くの企業の支援をバックアップしていた。 現在プラス・ムーブメント合同会社を経営しつつ、新しい働き方について模索している。 主な著書に「アフィリエイターのための Web APIプログラミング入門(ビー・エヌ・エヌ新社)」がある。

-暮らし