暮らし

ミステリーコーヒー、なにがでるかはお楽しみ・・・

ミステリーコーヒー

帰宅する途中で見つけた自動販売機。

ここは以前から普通の自動販売機より少し安くなっていて、よく使うことがあるのですが、「ミステリーコーヒー」というものが登場していました。

何が出てくるかわからない、というのが恐ろしいところでもあったり、面白いところでもあったり、します。

ミステリーコーヒー

結果的に出てきたのは、別にゲテものとかそういうことでもなく、普通のBOSSのコーヒーでした。

とはいっても、こういった仕掛け、個人的には好きです。

よく自動販売機でどちらにしようか、とかどれを飲もうか悩むときがあります。
そんな時には同時に複数のボタンを押して、何が出てくるか、運に任せるってことをよくやってました。

こういうミステリーコーヒーのように何が出てくるかわからないってのも面白くて、ついつい押してしまいます。仮に、在庫処分で安く売りさばくため、のものとわかっていても「コーヒー(加糖)」と明記されているわけですから、別に特別に失敗することも無く、でも何がでてくるかわからない、というワクワク感があっていいな、って思いました。

こういう取り組み、もっと多くの自動販売機でやって欲しいなぁ。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

wackey

Webディレクター・プロデューサーなどで大手企業サイトの構築に携わった後、インターネット広告営業やWebコンサルティングなどを行う。フリーランスを経て2012年にプラス・ムーブメント合同会社を設立。Webサイト・システムの制作やブロガーツアー・イベントなどの企画・運営を行う。地域ブログをまとめたLocketsというサービスの事業責任者としてビジネスを展開。 2015年にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社に入社。 レビューズにてインフルエンサーマーケティング事業の立ち上げに関わり運営。またアンバサダープログラムの運営など多くの企業の支援をバックアップしていた。 現在プラス・ムーブメント合同会社を経営しつつ、新しい働き方について模索している。 主な著書に「アフィリエイターのための Web APIプログラミング入門(ビー・エヌ・エヌ新社)」がある。

-暮らし
-,