今日、ミニサイトワークショップのイベントがあり、そこで実演デモされていた布団圧縮の様子を拝見させていただいてました。
10年以上、布団圧縮してこなかったのですが、ひさびさに見ると進化しているなぁ、って思わされます。

ひとつめは圧縮するためにチャック。
昔は手でやっていても細かい空気の抜き穴が出来てしまったりしてやり直しした記憶があるのですが、水色の道具を使って、簡単に綺麗にチャックできます。

そして、掃除機で吸い込み初めて、最後にその圧縮袋のまましまうのでなく、ある程度のサイズ、形のケースにしまうことができるのです。

ミニサイト作りワークショップ

このケースには取手が横にしても縦にしても持てるようになっていて、立てて保管することもできるし、ベッドの下に潜ませて保管することも出来ます。ケースは透明ではないので、見た目的にも落ち着いた色合いで、布団圧縮袋そのまんまの姿をさらけだすこともなく、部屋の中に溶け込ますことが出来ます。

というわけで、保管するときのことも考えられた圧縮袋。様々なタイプがあるので、年末年始の大掃除のタイミングで使ってみるのはいかがでしょうか?

ついでに、圧縮した布団がどのように復元するかの動画も撮影してみました。

むくむくと復元する姿は従来の圧縮袋と同じような感じもしますが、あの茶色のケースから、この大きさに膨らむ動画を見ていると、いかにコンパクトに収納されていたのかが改めて再確認できます。

[ls keyword=’ニュー圧縮美人’ mid=’0′ sort_type=’0′]ニュー圧縮美人[/ls]