暮らし

ミネラルウォーターはラベルレスボトルのケース買いが良いのでは無いか?

最近、Amazonでミネラルウォーターをケースで買うときにラベルレスボトルを買うようにしている。

ラベル剥がして捨てるのって面倒

だいたい、こういうミネラルウォーターを買った時は捨てるときに「ラベルを剥がしてプラスチックゴミとして捨てる」ということをやっています。

(4) プラスチック製のキャップやラベルは、外して「プラスチック製容器包装」へ

横浜市 資源循環局 缶・びん・ペットボトル  より引用:

これって、意外と手間です。

さらにラベルのデザインがあるからその商品を選んでいるわけでもなく、またそれがミネラルウォーターである、ということがわかればそれで十分で、実はこのラベル、無駄なんじゃないかと思っていたときにこんな商品を発見。

ラベルレスペットボトル

ラベル最初からついていない商品が存在していたのです!

[Amazon.co.jp先行販売]とあるようにまだお店で見たことがありませんが、2Lも500mlもラベルレスペットボトルが販売されています!

これであれば、ラベルを剥がす手間から解放されます。ストレスフリー。

さらにですね、ラベルを貼らないからラベルを作るコストも抑えられるし、プラスチックゴミも減らせますね。

これって環境問題とゴミ処理の手間を含めてまさに合理的です。

シールで最低限の情報はわかる

さすがにまったく何も無いのはまずいのか、シールでこのような情報があります。

まあ、ケース買い商品なのでケースにある程度の情報があれば充分で、万が一中身だけが一人歩きしても、これだけあれば、これが「おいしい水」ということはわかるし、ゴミ処理の方法もわかる。

もしAmazonでミネラルウォーターを買う機会があれば、このラベルレスを買ってみてはいかがでしょうか。
ゴミを出すときの手間の楽になることを実感できると思います。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

wackey

Webディレクター・プロデューサーなどで大手企業サイトの構築に携わった後、インターネット広告営業やWebコンサルティングなどを行う。フリーランスを経て2012年にプラス・ムーブメント合同会社を設立。Webサイト・システムの制作やブロガーツアー・イベントなどの企画・運営を行う。地域ブログをまとめたLocketsというサービスの事業責任者としてビジネスを展開。 2015年にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社に入社。 レビューズにてインフルエンサーマーケティング事業の立ち上げに関わり運営。またアンバサダープログラムの運営など多くの企業の支援をバックアップしていた。 現在プラス・ムーブメント合同会社を経営しつつ、新しい働き方について模索している。 主な著書に「アフィリエイターのための Web APIプログラミング入門(ビー・エヌ・エヌ新社)」がある。

-暮らし