暮らし

吉野家でニッセンのカタログをゲット

ニッセン

吉野家に置いてあったカタログ。普段は気にしなかったのですが、店内は就活中の女子大生風の人と二人っきりだったので、カタログを手にしました。
「男の通販」とあるではないですか!ああ、男性向けのカタログなのね、ということで、お持ち帰りすることにしました(女子大生はお持ち帰りできませんでした)。

確かに吉野家は男性客比率が多いので、男性向けのチラシやカタログとかおいていてもおかしくないなぁと感じました。それより、カタログ通販のニッセンさんが男性に特化するカタログを作るのも面白いですね。サラリーマンとして忙しくなってくる30歳前後になってくると場合によっては買い物する余裕が無かったりします。それよりも勉学に励んでスキルアップして出世を目指すのが30代男子にありがちなながれかな、と自分は感じています。
だからこそ、通販でさくっと買ってしまうことがありがちなことかもしれません。

すでに掃除機とかパソコン用のデスク、チェアを通販で買っていたりします。
そう考えれば、カタログを手元においておくのも良いかもしれませんね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

wackey

Webディレクター・プロデューサーなどで大手企業サイトの構築に携わった後、インターネット広告営業やWebコンサルティングなどを行う。フリーランスを経て2012年にプラス・ムーブメント合同会社を設立。Webサイト・システムの制作やブロガーツアー・イベントなどの企画・運営を行う。地域ブログをまとめたLocketsというサービスの事業責任者としてビジネスを展開。 2015年にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社に入社。 レビューズにてインフルエンサーマーケティング事業の立ち上げに関わり運営。またアンバサダープログラムの運営など多くの企業の支援をバックアップしていた。 現在プラス・ムーブメント合同会社を経営しつつ、新しい働き方について模索している。 主な著書に「アフィリエイターのための Web APIプログラミング入門(ビー・エヌ・エヌ新社)」がある。

-暮らし