エポケストラニッポン第三回定期 by you.

金曜日の夜はEPOCHESTRA NIPPON第3回定期演奏会に行ってきました。
このオケの演奏会に伺うのは3回目。前回前々回と演奏がパワーアップしていくのも感じていました。そんな中なのでとても楽しみに出かけてきました。


一曲目が歌劇「運命の力」序曲。
この曲は某オペラ歌手からも聞いたことあるのですが、これを演奏するとオーケストラの中で問題が必ず起きるという噂の曲です。僕も実際に吹奏楽で2度演奏(というか指揮)した経験がありますが、やっぱりそれなりに問題は起きてたのかもしれません。

そんな噂の1曲目。吹奏楽の演奏は何度も聞いたことがあるのですうがオケでの生演奏は初めてです。
編曲されてない原曲を楽しむのと同時に、この若いオケがどういう演奏するかが楽しみでした。
期待通り、若さというさわやかさを感じつつも、しっかりと縦を合わせてくるあたりがお見事と感じました。

その他にも何曲か演奏されていましたが、未就学児も気軽に入れる本格クラシックオーケストラのコンサートということで、多くの子連れの方もいらっしゃっていました。
僕が何よりも印象的だったのが、指揮者のマネをしている女の子、それからバイオリンのモノマネをしている女の子・・・。
こういう子供たちが今日のこの日の演奏を聞いて、実際に自分たちも演奏したい!と思えば、この文化の継承はできていくと思います。

ガソリンが高い、物価が上がる・・・等閉塞感を感じる日本経済の中で娯楽は真っ先に切り捨てられる可能性はあります。でも、ほんの少しでも今日の演奏が心に残って、将来この子たちが大人になって、また音楽の良さをまわりに伝えていくことができれば、世の中も潤ってくるのではないかと思っています。

最後に、今回のコンサートではプログラムのデザインのお手伝いをさせていただきました。
日頃からウェブもお手伝いさせていただいていることもあり、今回はお名前を載せていただきました。ありがとうございました。

エポケストラニッポン第三回定期 by you.