レビュー

イマドキのテプラはスマホで操作するのだ

右が従来のテプラ、左がスマホ対応のテプラだ。
大きさも一回り小さく、スタイリッシュな仕上がりとなっている。

斜めから見るとこのようになっている。穴の開いているところからテプラのシールが吐き出される作りだ。

このテプラのフタを外すと、おなじみのテプラのテープカートリッジを入れる場所がすぐ見つかる。

テープカートリッジをセットするとこのような感じになる。

ACアダプタは幸い従来機のと同じものが使えたが、このテプラを初めて購入する場合、ACアダプタは別売りになっているので、注意が必要だ。

そして実際に使い始めるときには、アプリをインストール。

アプリには用途に合わせて豊富なデザインテンプレートが用意されている。キッチンなど家で使う物も豊富だ。

季節によってはこういったテンプレートが追加されることもある。

テンプレートを呼び出し、文字の大きさを変えたり、中身を変えたりすることも容易に出来る。

こんな具合にだ。

これを最後はテプラから出力する。

こんな感じでスマホで編集して、凝ったデザインのものも印刷出来るので、以前のテプラより表現力が拡がるだろう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

wackey

Webディレクター・プロデューサーなどで大手企業サイトの構築に携わった後、インターネット広告営業やWebコンサルティングなどを行う。フリーランスを経て2012年にプラス・ムーブメント合同会社を設立。Webサイト・システムの制作やブロガーツアー・イベントなどの企画・運営を行う。地域ブログをまとめたLocketsというサービスの事業責任者としてビジネスを展開。 2015年にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社に入社。 レビューズにてインフルエンサーマーケティング事業の立ち上げに関わり運営。またアンバサダープログラムの運営など多くの企業の支援をバックアップしていた。 現在プラス・ムーブメント合同会社を経営しつつ、新しい働き方について模索している。 主な著書に「アフィリエイターのための Web APIプログラミング入門(ビー・エヌ・エヌ新社)」がある。

-レビュー
-