アプリレビュー

SNS中毒で仕事を先送りするクセがある人(ボク)のためのChrome拡張機能SiteBlock

サイトブロック

気がついたらうっかりtwitter、facebook、mixiなどSNSを見てしまっているみなさん。
そして本来やるべきことがそうやって気づかぬうちに先送りされてしまって、気がついたら寝る時間。

「明日にすればいいや」と言って永遠にやるやる詐欺になってしまうことも。

そんな方のためのSNSなど閲覧を制限する拡張機能を導入してみたので、ご紹介します。完全にシャットアウトも出来ますが、1日で30分しか閲覧出来ないようにする、などといった制限もできます。これで1日あたり累計で3時間以上twitterやfacebookを見ているなんてことも防げそうです。


Chromeウェブストアでダウンロード

Chrome ウェブストア - SiteBlock

上記リンクをクリックしてChromeに追加してください!

設定

Chromeの設定から拡張機能の設定のところにオプションがあります。それをクリックすると次のような設定画面が表示されます。

サイトブロック

上記のテキストボックスにブロックしたいサイトのURLを入れます。
その上で「Save Optopns」ボタンを押せば、たちまち、表示されなくなります(冒頭の写真のようになります)。

中毒はいきなり絶つことからはじめてはいけない

しかし、それだと、中毒者は禁断症状を起こしてしまいます。

ボクならまず、普段使っているChrome以外のブラウザを立ち上げて見始めてしまったり、そもそもこの拡張機能SiteBlockを消し去ってしまいます。

そこで、まずは少しずつ抑えていく、もしくは完全にゼロにするのではなく1日あたり10分は許可することを目標にするように少しずつ減らしていくと良さそうです。

そうすることによって、中毒症状は緩和されるのではないかと思います。

実はサードパーティ製twitterクライアントで本格的な中毒だった

常に起動させっぱなしでした。

それをやめてからはブラウザでtwitterを見るようになって、徐々にずっとtwitterを見ていなくても平気になりました。でも、ついつい見てしまうのが完全に治ってない、ということなのです。

そこで今回のタイミングでこのブラウザ拡張機能により、よりtwitter依存しないように変えていこうと思います。

一般的なSNS中毒というのは本当はもっといろいろと大変な状態で、もしかしたら、このような方法が適切ではないかもしれません。また別の良い方法もあるかもしれません。

その場合は、ぜひとも教えて頂けると嬉しいです。

モテる! 出会える! SNS (双葉社スーパームック)
4575453080

↑この本を紹介したら炎上しそうです・・・w

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

wackey

Webディレクター・プロデューサーなどで大手企業サイトの構築に携わった後、インターネット広告営業やWebコンサルティングなどを行う。フリーランスを経て2012年にプラス・ムーブメント合同会社を設立。Webサイト・システムの制作やブロガーツアー・イベントなどの企画・運営を行う。地域ブログをまとめたLocketsというサービスの事業責任者としてビジネスを展開。 2015年にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社に入社。 レビューズにてインフルエンサーマーケティング事業の立ち上げに関わり運営。またアンバサダープログラムの運営など多くの企業の支援をバックアップしていた。 現在プラス・ムーブメント合同会社を経営しつつ、新しい働き方について模索している。 主な著書に「アフィリエイターのための Web APIプログラミング入門(ビー・エヌ・エヌ新社)」がある。

-アプリレビュー