忙しい時こそiPhoneで友達とゲームをしよう

忙しくて強いストレスにやられそうなことがあった。
いただくアドバイスは趣味の時間を作るとか、気分転換のために何かに打ち込むとか、よく聞く。しかし、なかなか、実行に写せない。

そんな中、しっくりきたのがiPhoneでのゲームだ。どんなにくよくよしていても、のめり込むことができれば、強制的に頭の切り替えが出来て、ストレスを和らげることができる。
いま、いちばんのオススメはLINEのウィンドランナーだ。

LINE ウィンドランナー App

カテゴリ: ゲーム

価格: 無料

よくスクロールのスーパーマリオのようなゲームに見える。敵を踏んでやっつけるとか、星を取るとか、なんとなく似ている。

しかし、ゲームの操作自体はすごくシンプルで画面をタッチするだけだ。
画面を右左行くことなく、常に右へ一定速度で進み続ける。敵をよけるためのジャンプ、踏んづけるためのジャンプ、星を取るためのジャンプ、それを、画面のタッチのタイミングのみで操作していく。操作自体はシンプルでもでも、スーパーマリオのようなゲームをしている気分になれる。

なんとなく気分転換ではじめて、それはそれで満足していた。
でも、ここに友達を誘ったことで大きく変わる。

友達にゲームのやり方を教える。
するとゲームのランキングでお互いの点数がわかったりするのだ。

気がつけば自分は抜かされてる。先にはじめたのに!
と、火がついて対抗意識を燃やしては、さらに高得点を目指す。

そう、ハマっているともそのタイミングで本気を出そうとして集中力を高めているのだ。

気がつけば、そのタイミングで仕事の悩み事やイライラを一瞬忘れることが出来る。

ストレスになる悩んでいる時間を積み重ねることはストレスを溜めて膨らませているようなものである。
でも一瞬忘れることができたら溜まっているストレスがバケツに穴があいたかのように抜けて行く。
ゲームが終わって再度ストレスが溜まり始めるかもしれないが、いちど抜かれてるので圧迫感がなくなっている。むしろ、ストレスの溜まるカーブが緩くなったとも思える。

自分が頭の中で悩み続けてストレスをため続けることは、何も変えていかない。自分を苦しめるだけだ。
ならば、少しでも忘れて生産的な行動に移すほうが、問題解決の糸口に結びつきやすい。

だから、このようなゲームをやること、意外と忙しくて問題を抱えている時、悩んでいる時に、助けてくれる可能性がありそうだ。
頭の中で苦しんでいる自分を助けるのは自分の行動だ。

リフレッシュして悩みで使っている頭のリソースを解放して、あいたスペースで仕事をしたほうが生産性があがる。パソコンのメモリと似ている。

Posted from するぷろ for iPhone.