効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法という本を読み終えた。

この本は今まで読んできたライフハック本であったり自己啓発などの本とかぶる部分もあるが、著者本人が書いてあるように耳からインプットということに割かれているページが多いのも見逃せない。



なんといっても表紙をめくったところに登場するカラー写真の本人写真には驚かされる。第一印象は「これは、やりすぎだろ」と。
しかし、その自転車、イヤホン、GPSナビなどITを駆使して、時間の節約と情報のインプットに最高な形を実現するハックを経験から積み上げている様子がうかがえる。

「マッキンゼー、JPモルガンで培った知の技術を公開」と帯にあったように本人のそれらの会社で実際に経験し、学んだことも書かれている。
これはこの書籍代1,500円で「マッキンゼー、JPモルガンの経験」を入手できる良い方法なのではないだろうか。
この本で言う「良書」を読む、ということはこういうことなのではないだろうか。

ピラミッド+MECE、フレームワーク化などキーとなるキーワードも見受けられたが、どのように情報をインプットしていくか、そして何よりもアウトプット(ここでは、必ずしもプレゼンや書類づくりではない)が大切なのかを謳っている。
そのアウトプットが人脈を呼びさらなる効率的なインプットが出来るということを、現代のITを駆使して、それこそレバレッジ的な情報収集活用法をまとめていると言っても過言ではない。

どうやって知的に情報を集めて活用するか。その答えであったりヒントはこの本にあると僕は思う。そして今日から実践してみることにした。

効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法
(リンク先はamazonのカートに連携しています)

個人的に気になったキーワード:
・Firefoxの検索窓を使い倒す(Mapion等の検索窓をつくるハック)
・あるがままの情報をあるがままにうめとめる
 「空→雲→雨」の連想、空をいかに量を集めるか
・知の3点測量法
・余計なものをそぎ落として簡素化(情報整理)
・ピラミッドストラクチャー+MECE