読書

anan表紙で見つけた気になるキーワード「断捨離」

anan断捨離

先日、旅先のコンビニで見つけた、anan表紙のこのキーワード。
おそらくこの号は本日時点で最新号と差し変わっているので、バックナンバーを取り寄せてみないと中身がわからないのですが、いろいろと本が出ていたり、この言葉が動いているようです。

新・片づけ術「断捨離」 [単行本]の解説によると

断=入ってくる要らないモノを断つ
捨=家にはびこるガラクタを捨てる
離=モノへの執着から離れ、ゆとりある”自在”の空間にいる

ということのようです。

掃除や片付けがあまり得意でない自分にとっては松居一代の開運おそうじ本 に通じるところもあるのですが、この断捨離という言葉は自分を変える起爆剤にもなるような気がしました。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

wackey

Webディレクター・プロデューサーなどで大手企業サイトの構築に携わった後、インターネット広告営業やWebコンサルティングなどを行う。フリーランスを経て2012年にプラス・ムーブメント合同会社を設立。Webサイト・システムの制作やブロガーツアー・イベントなどの企画・運営を行う。地域ブログをまとめたLocketsというサービスの事業責任者としてビジネスを展開。 2015年にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社に入社。 レビューズにてインフルエンサーマーケティング事業の立ち上げに関わり運営。またアンバサダープログラムの運営など多くの企業の支援をバックアップしていた。 現在プラス・ムーブメント合同会社を経営しつつ、新しい働き方について模索している。 主な著書に「アフィリエイターのための Web APIプログラミング入門(ビー・エヌ・エヌ新社)」がある。

-読書