HDDが値上がりする瞬間に外付けHDDを購入!シンプルなLaCie製品

LACIEハードディスク

昨今、タイの大洪水でHDD高騰というニュースも聞かれる中、現状のAPPLE Time Capsule以外のバックアップHDDがちょうど欲しいと思っていたところでした。そんなときに、クライアントのMacが残念なことになり、バックアップもしておらず大変ハマった状態になったのです。常にTimeMachineでバックアップをしているボクからしてみれば、修理に出してHDDを初期化されてしまってもなんとかなるのですが、このクライアントの場合は本当に残念なことになっていたのです。

そういった要因が重なり、自分自身はどうだろうと考えました。Macに標準でついているTimeMachineでバックアップはとっているもののボリュームの大きいVMWareの仮想環境イメージ(WindowsとかCentOSなど)、大きなビデオデータのバックアップまでは手を回せていませんでした。
そういった意味で、バックアップするストレージが必要だったのです。

この手のファイルは8GB〜40GBとか馬鹿でかいので、変更があった際に裏側でTimeMachineが重き動き続けるのを嫌っていました。また、クラウドとか言われますが、いくら容量を確保したコストが払えたとしても光回線でGB単位のデータをあげるのは時間もかかるし、不安な部分も大きいのです。
そこで、単純に昔の外付けHDDのバックアップのように、ファイルコピーで外付けディスクにコピーすることにしました。

家電量販店でもその日のうちに随時値上げされる

早速、外部HDD買ってしまおうということで、物色に行きました。ボクはそれほど容量が必要ではないのですが、フォトグラファーとかデザイナー、動画関係の方はそれなりに容量も必要で、なるべくコストパフォーマンスが高い物を目指していました。

そこで、「これだ!」と目をつけたものがあったのですが、ちょっと他の買い物にまわっている間に値上げされていたのです!その時に店員さんと話していて、「おすすめですよ!」と言われたのでコストパフォーマンスも良いしそれを購入することを原に決めていたのですが、ちょっとした時間で値上げをされていたのです。
交渉した結果、値上げ前の金額で購入できましたが、アキバでもなく大きな家電量販店でもそういった値動きがあるとかんじたのですが、もっと驚くことがありました。

家電量販店のHDDの箱はイコール在庫ではない

いかにも在庫が盛りだくさんあるように陳列されている外付けHDD。
実は山盛りの箱の山があって、別の陳列棚でもランキングで1位とされているところにPOPもつけて表示されていたじょうたいだったのですが、在庫はそれほどありませんでした。なんと、「4台欲しい」と言っても「残り3台しかありません」と言われました。

つまり何十個も在庫があるように見せかけている売り場ですが、実体的には残り3台しかなく、入荷未定とまで言われました。こことは別のヨドバシカメラという家電量販店にも行ってみましたが、外付けHDDは「お一人様1台まで」と書かれていたり、価格の高騰や品不足が迫ってきているように感じました。
近々購入を考えられている方は前倒しで検討しても良いかもしれません。

ハードディスク(Amazon)

LaCieはフランスの外付けハードディスクメーカー

中国で生産されているっぽいですが、LaCie(ラシー)はフランスのメーカーらしーです(ここオヤジギャグ)。

LaCie

「特にMacユーザー間で認知度の高いメーカー」とあるのですが、初めて知りました・・・。しかし、Macユーザーに定評があると言うぐらい、シンプルなデザインでLaCieというブランドを押しつけようともしていないデザインは交換が持てました。

LACIEハードディスク

ロゴ自体も目立ちません。さりげなく飾られています。

そして、このラシーというブランドは日本ではエレコムがパートナーとなって販売しているようです。

OSX 10.7 Lionでインストールするときにハマった!

USB3.0対応製品なんできっと最先端と思い込んでいたのですが、こんな画面が出て愕然としました。

LACIEハードディスク

PowerPCって!もうアプリインストール時にPowerPCかどうかを気にせずに出来る時代、つまりIntelMac向けに作られたアプリが主流だと思っていたのですが、こんなところでその文字列をみかけるとは思いませんでした。
ということは、このHDDをセットアップするためのアプリはPowerPCしか使えない?USB3.0対応なのに?
なんか時代錯誤に落ちいった気持ちです。

とはいえ、公式サイトのサポートページを見れば問題は解決します。

Mac OS X 10.7 Lionとラシー社製ソフトウェアの互換性に関するご注意

とりあえず、ストレージとして使えればいいだけなので、普通にフォーマットして使えばいいんのです。Macの「ディスクユーティリティ」からディスク名やパーテーションなどを設定してフォーマットしていくだけです。

LACIEハードディスク

とりあえず、映像バックアップ用のHDDとしてフォーマットをしてみました。まっさらで「1TB」という数字が気持ちいいですね。以前買った(だいぶ前)外付けHDDは250GBぐらいだったので、それを思えばその時より安い価格で4倍もの高速なストレージを手に入れることが出来たわけです。

しかし、せっかくストレージが安くなってそのコストを気にせずに贅沢にデジタルデータを保存しておくことができるようになった昨今。これには海外の生産国の恩恵を受けている部分が多大にあると思います。
そして、そのうちの一地域であるタイもそうなのですが、今回の大洪水で品不足になり値段が上がってくるということになってきています。まず願うは、洪水の被害が人的にも物的にも最小限にとどまること、そしてタイの方々の健康と復興です。

そしてMacを使い扱える自分はこのストレージを最大限活用して生産性の高い仕事をして社会貢献など出来れば、と考えています。