この製品の一番驚いたことが、フタ(排紙口)が自動的に開くところです。
まずは上記の動画を見て、その様子を見てください。実際のプリントアウトの様子なので、時間とか雰囲気もよくわかると思います。

ここでは今日のランチ候補地を食べログから普通にプリントアウトしているところです(Web用のプリントアウトはまた別途)。

それぐらいたいした技術ではないと思うかもしれませんが、いつもプリントアウトするときは何かと用紙をセットしたり、排紙口を開けたり、伸ばして、A4用紙が何枚か出てきても支えられるようにしたり、手動でする必要がありました。

特に今回のモデルはスタイリッシュなデザインです。
通常は排紙口も画面パネルも平面にして、スマート&シンプルな形でインテリアの中に溶けこませることが出来ます。

だからこそ、無意識のうちにプリントアウトしてしまって、排紙口を開けてしまい紙が詰まってしまうことも想定されます。それを防ぐにも小さな工夫かもしれませんが、自動的に開くってのは大きなポイントだと思います。

今後、電源オフ時に自動的に閉まるとか、そういうのがあれば、カッコいいなぁ、なんて思っていたりもします。

[amazonjan asin=’B004184NAA’ keyword=’MG6130BK’]