先日、ユザワヤの画材売り場でプリントゴッコのインクが売っていて、「未だに売っているのか!!」とカルチャーショックを受けていたのですが、そういえば、カラープリンタが普及して、年賀状などで“手書きを印刷する”という文化が減りつつあるのが残念に思っていたところでした。

しかし、今年のカラリオは違ったのです。手書きした文字やイラストを写真などと合成して、年賀状作りに役立てそうです。詳しくは上記動画で実演していますので、観てみてください!

手順としては大きく

  1. 写真の選択
  2. 手書き用のシートを印刷(A4普通紙)
  3. 手書き用シートに必要事項を書きこんで好きなように書きます
  4. スキャナーでそれを読み込みます
  5. 写真用紙(ハガキ)に印刷されるのを待ちます

といった感じです。

手書き用シートは複数枚印刷することもできるので書き損じしてもすぐにリカバリできます。

あのプリントゴッコの時代を懐かしく思い出しながら、最先端の技術と写真の表現力を併せ持った新しい年賀状のスタイルにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。