懐かしいファミコンゲーム談義をしていたときにBGMは思い出せるけど、タイトルは思い出せない。
そんなときにそのゲームのタイトルにまつわるキーワードなどを使ってググると一発でわかったのがこのゲーム。

そう、スペランカー。

30代半ばになって、小学生のころのあの、アレってなんだっけ?アレだよ、アレ。。。
そんなときに、ググれば解決するとは便利な時代になったものです。

そして、スペランカーというキーワードから、さらにその後のいきさつまで調べられるとは、その当時、スペランカーをプレイしていた少年少女は予想もしなかったでしょう。

現在ではWiiバーチャルコンソールでも配信されているようです。
VC スペランカー

大人になって、久しぶりにやりたくなったら、Wiiを買うのも一つの手です。

それにしても懐かしいゲームです。

関連リンク:
スペランカーとは?(公式)
スペランカーとは – はてなキーワード

なお、この比類なき弱弱しさから転じて、怪我(故障)が絶えず思うように稼動できなかったり、その才能に見合うだけの活躍を果たせないスポーツ選手を揶揄する表現としても使われる。

多村仁(怪我が多いことで知られるプロ野球選手)が有名だが、高原直泰小野伸二久保竜彦(ともにサッカー)にも使われることがある。

 

クソゲー処理概論

スペランカー – Wikipedia