昨年末、GTDというやり方を再度おさらいしようと思い、自分のリマインダー含めて見直すことにした。

きっかけとなったのはこの本。


ライフハック大全―――人生と仕事を変える小さな習慣250

割と盛りだくさんなのですが、ツールや小手先のテクニックというよりも冒頭のほうで書かれていた考え方に共感して、何かを変えてみようと思ったのが大きいです。

言葉を換えれば性格は変えられる

その中でも「HACK 003 言葉を換えれば性格は変えられる」という下りが少し気に入っていて、言葉を換えることから始めてみようとしています。

GTDのリストのラベルを変えてみる

例えば、ボクのリマインダーにはInbox,Today’s Action,Project,Somedayの4つのリストがあります。
それぞれ日本語でそれなりの言葉を入れていたのですが、これを一新してみました。

リストの意味や役割は変わりませんが、この記事にあるように「いつか実現したいこと」から「いつか実現する」とラベルを変えてみました。
たったそれだけで、単なる夢、からいつか実現する行動へつなげるリスト変化します。

そう感じませんか。

するとこのいつか実現したいことは願望や夢がリストアップされると言う場所ではなく、いつか実現する項目を入れていくことになるのです。
すると実現可能性の高いものもどんどんリストに加わり、夢や願望もいつしか、その実現可能性の高いものと同類に分類されていきます。

この効果を狙ってしばらくGTDを再度やり直してみたいと思います。

ブログ記事の文体を変えてみる

これはなかなか自分の文章の癖が直るわけではないので、難しいものです。
できるだけ、いままでのテキトーな感じから、大人の社会人(?)、ビジネスマンが語るようなしっかりとした発言に変えていきたいと思っていました。

論理的に、でもしっかりと伝わる、そんな論調で文章が書きたい。

しかしながら、なかなかそれは出来ないものです。
まずは文章の構造として、見だしを付けて、読者も読みたい部分がわかるように文章構造を整理して書くことから初めてみることにしました。

最近のムジログは少し文章量も増やし、見だしも作り(合わせて目次表示もプラグインで入れてみて)、更新頻度も増やしてきたのですが、いかがでしょうか。

これはわずか3日ぐらいの出来事なので、すぐに変化はないと思いますが、1週間、1ヶ月、3ヶ月、半年、1年と続けば大きく変わる気がします。

そんな感じでこのブログの過去記事もリライトしながら、徐々に良いものにしていきたい。

そしてタスクに入れる言葉も変える

タスクに入れる言葉も合わせて変えると自然と行動が変わる気がしました。これを気に言葉に魂を吹き込みながらタスク管理をしていきます。