タスク管理

iPad Proに日次レビューを書きためる習慣をはじめてみた

YouTube/Netflix専用マシンと化した、僕のiPad Proですが、最近は違う用途でも活躍するようになってきました。

それは、日次レビューを書きためる場としてです。
結論から言えば、手書きで書き出したほうが、よりタスクの抜け漏れを防げたり、ストレスの低減につながっているな、と感じています。

では具体的に日次レビューで何をやってるの?

毎日1ページ使って、その時思っていることや悩み、昨日の反省点など、なんでも書き出すようにしています。

例えば「やる気がでない」という気分的なことから「あすけんを毎日続けたい」という宣言的なものまでなんでも、頭の中にもやっとしているものを全部書き出すようにしています。

ひたすら30分かけて、もう書くことはないと思うぐらい、頭の中で気になっていることを書き出していきます。
それだけです。

日次レビューしたらどうするの?

そうやって書き出した内容は、場合によってはアクションに結びつくことが多いです。そのままタスクリストに入れたり、その場で判断したり、実行してしまったり。
その日にやるべきことを整理するのに役立っています。

例えば「あすけんを毎日続けたい」という記述に対して、その場で「あすけん」を起動して、朝食について入力するということもあります。
それ以外にも書かれた事に対して、タスクに分解できればTodoistのようなタスク管理アプリにタスクとして登録します。

全部の項目がアクションリストにつながるわけではないのですが、これをするとしないのとでは、その日の動き方が変わります。どのように変わるかというと、その日にこなすタスクのジャンルの幅が拡がる、というか、忘れがちや放置しがちなタスクをここで拾いにいけるという効果があると感じています。

出来ればオープニングレビュー、クロージングレビューと1日2回したい

現在、毎日午前中に実施しているこのレビューを出来れば朝晩一回ずつしたいと思っています。
12月にテスト的にやってみたこともありますが、朝のオープニングレビューとして今日やることにつながるようなことを書き出したり、夜のクロージングレビューとして頭の中のもやもやを全部書き出して忘れてしまう、という感じにです。

レビューも朝はその日の流れを作る、夜は振り返るという感じで役割を変えていきたいと思います。

そうすれば寝る前にしっかり書き出すことによって、寝ることに集中できますし、逆に朝起きて、夜に書き出したことをみながら、レビューをすれば、漏れの無いタスクリストを作り出すことにもつながるからです。

そうやって、日々の仕事について、行動につながるような、レビューを毎日続けていきたいと思います。

-タスク管理
-

© 2021 ムジログ