時短テクニック

Macの音声入力で文章を書く方法

gold condenser microphone near laptop computer
Photo by Seej Nguyen on Pexels.com

音声入力で文章を書いてみたいと思ったことありませんか。今この記事も音声入力で書いています。
キーボードよりも素早く文字がどんどんと入力されていく印象があります。
場合によってはキーボードで打つよりも早く入力できるでしょう。特に話が上手にできる方にとっては文章を素早く入力する方法になるのではないでしょうか。

それでは音声入力ができる準備をしていきましょう。

準備

まずはキーボードを選択し「音声入力」をクリックします。

音声入力を「オン」にします。

「音声入力を有効にする」をクリックします。

ショートカット部分ですが、キーボードに無い場合もあるので、使いやすいものを選んでおきましょう。
私の場合は「右のCommandキーを2回押す」 に設定しています。

使う

使うときは文章が書けるところにカーソルを置いて、上記で設定したキーボードショートカットキーを押します。

音声入力を開始した後、改行キーやバックスペースを押すと、 音声入力は終了します。

このようにして音声入力を始められるので手軽なのでぜひいちど試してみてください。 昔の音声入力の精度に比べると漢字の変換も正確な印象を持ちました。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

wackey

Webディレクター・プロデューサーなどで大手企業サイトの構築に携わった後、インターネット広告営業やWebコンサルティングなどを行う。フリーランスを経て2012年にプラス・ムーブメント合同会社を設立。Webサイト・システムの制作やブロガーツアー・イベントなどの企画・運営を行う。地域ブログをまとめたLocketsというサービスの事業責任者としてビジネスを展開。 2015年にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社に入社。 レビューズにてインフルエンサーマーケティング事業の立ち上げに関わり運営。またアンバサダープログラムの運営など多くの企業の支援をバックアップしていた。 現在プラス・ムーブメント合同会社を経営しつつ、新しい働き方について模索している。 主な著書に「アフィリエイターのための Web APIプログラミング入門(ビー・エヌ・エヌ新社)」がある。

-時短テクニック
-