ブログ

iPadでブログを書き始める2021年6月

タリーズで今日のコーヒー

ほとんどNetflix専用タブレットになりつつあるが、iPad Pro 12.9inchとApple Pencil、Magic Keyboardのセットを持っている。
パソコンがわりになる構成で買ったつもりだが、今のところ、Netflix専用タブレットという域から出ていない。

じゃあ、ブログは書けるか、と言われれば、書ける。
Magic Keyboardの日本語入力だけは普段使っているATOKではないせいもあって、慣れない。なお、今日はWordPressアプリで書いているが、画面が広いのでブラウザからWordPressのブロックエディタを使う方でも記事が書けそうだ。

長文や調査しながらなどのブログ記事執筆には向かないが、コラム的な書き物などには向いているだろう。ちょうどこの記事のように。

さて、先ほどTwitterで次のようなことを書いた。

Twitterのフォロワーに対してどのような便益を提供できるのだろうか、ということを書いたのだが、ブログの読者に対してもどのような便益を提供できるのか、ということを改めて考える機会になる。

ブログなんで自由気ままにやればいいんじゃないか、とも思われるが、メディア化(読者、ファンなどを固定読者を集めるようにするには)、便益を提供して、その便益で喜ぶ読者の関係性を作らないとだめだ、と考えている。

こういった駄文は便益にはなり難いのだが、もし未来の誰かが、この記事を読んで参考になったとか、役に立ったということが1人でもいれば、御の字である。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

wackey

Webディレクター・プロデューサーなどで大手企業サイトの構築に携わった後、インターネット広告営業やWebコンサルティングなどを行う。フリーランスを経て2012年にプラス・ムーブメント合同会社を設立。Webサイト・システムの制作やブロガーツアー・イベントなどの企画・運営を行う。地域ブログをまとめたLocketsというサービスの事業責任者としてビジネスを展開。 2015年にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社に入社。 レビューズにてインフルエンサーマーケティング事業の立ち上げに関わり運営。またアンバサダープログラムの運営など多くの企業の支援をバックアップしていた。 現在プラス・ムーブメント合同会社を経営しつつ、新しい働き方について模索している。 主な著書に「アフィリエイターのための Web APIプログラミング入門(ビー・エヌ・エヌ新社)」がある。

-ブログ
-