ブログ更新のペースを取り戻すには?

ちょっと久しぶりにWordPressの投稿画面から投稿してみます。
最近はずっとectoというブログ投稿ツールで更新しています。

RSSを読んでいて、何件かこの話題がホットになってきそうな気がしたので、個人的な経験も踏まえてポストしておきたい。

まず、ブログ更新頻度が落ちるとか、続かないことについて。
これはボクも今年の夏、病気で寝込んだりして1ヶ月ほど更新ができませんでした。同じように何かの理由で更新出来ない日があいてしまう人も多いことでしょう。
すると、日があけばあくほど、書きにくくなる。つまり書くための精神的なエネルギーを多く必要とするわけです。だから毎日続けられていた頃は、そんなに苦に思わないのですが、ちょっとあいてしまうと、苦に思い始めるわけです。

実際、ボクも再開してみたものの、すぐ失速しました。やっぱりしんどく感じるわけです。
そんな中で解決の糸口になったのが、今年色々参加したイベントでした。

もちろんイベント参加はブログのネタにしやすいし、写真も撮ったりして書きやすい。
でもイベント参加ブロガーの中にはイベント開催から2,3日経ってしまうと、急に書くのがしんどくなるという声を聞きます。これはボクも実感しています。

そこで、ブログ更新再開のきっかけとしては、イベントはなるべくその日のうちに書く、可能であればイベント中にエントリがポストされている、という状態を作ったのです(速報→付加価値化)。こうすると、後で書かなければいけない義務感みたいなのが無いので、すぐに次のことに取り掛かれます。

真面目な人間であればあるほど、後回しにできないので、書くタイミングを失うと永遠に気持ちの重たい先送りになるのです。これは非常にもったいないことだし、新しい別の何かにもとりかかるのに後ろめたい気持ちにもなるのです。

その体験から、ボクの中でブログ更新のペースを取り戻す、心がけているいくつかのポイントを編み出しました。

  1. 気持ちがホットなうちに書く(おもしろい!感動!やったぞ!等)
    →冷めてからだと、文章にもその感動が現れないし、何が書きたいのかわからなくなる。
  2. すぐさま書く
  3. 未完成でもいいからポストしてしまう。永遠に完成は無い
  4. 文章の形にこだわりすぎない(起承転結など)。自由でいい
  5. 毎日更新にこだわらない。更新なくても良いし、更新するネタがあればどんどん更新すればいい。
  6. 更新にストレスを感じさせる要素をなくす(再構築だとか画像リサイズとか)
    →ボクはWordPressに移行してストレスフリーに感じていますし、ectoを使い始めてからデジカメ写真のリサイズをブログエントリ画面へドラッグアンドドロップだけで自動的にやってくれるので、ものすごくラク&ストレスフリーになりました。
  7. 自分のブログとテーマが合わないことを書きたくなるけど、ブログを作るほどでも無い内容を吐き出せる場所を作る。もしくはブログを立ち上げてしまう。
    →Tumblrとかがおすすめ

と、冗長的な文章になってしまったのですが、これでも良いと思うのです。
量は質に転じるので、まずはブログ更新のペースを取り戻し、そして、量をこなして、支持されるブログへと変貌すれば良いでしょう。