映画「アバター」は3Dで魅力倍増

IMG_0577.JPG

3Dということでおなじみのメガネをかけるわけですが、もう、本当に3Dのクオリティってすごく変わったな、と思わされたのがこの映画「アバター」。

実写なのか特撮なのか、CGなのか。その区別を意識させることなくのめり込むこの世界観は3Dだからこそ表現できたものであって、これを自宅のブラウン管でみると残念なレンタルDVDになってしまう。それぐらい映画館での3D体験は良かったと思うし、3Dを選択して良かったと思う。

映画の内容としては事前にトレーラーや映画の公式サイト も見ていたので、シナリオっぽいものは事前にわかっていたが、最終的にあんなに大規模な戦闘シーンになるとは思って思いなく、ものすごく高くそびえ立つ木や宙に浮かぶ島(?)、鳥と戦闘機、母艦となる大型飛行機が立体的に行き交うシーンは、スリル満点。

その一方、祈りのシーンとかあるが、まわりに集まっている人々の手の動きにも奥行きが感じられ、3Dならではのその場にいるような感覚をも受け取れる。

たぶん、映画が始まる前に3Dの映画予告編が流れると思うが、アニメものは平べったいレイヤーを感じさせる立体感だし、CGものはそれよりマシ、という感じ。

それがこの映画になると格が違うことを感じさせる。本当にこれは驚いた・

もうこんなにリアルな映画を見れる時代になったということはゲーム機が進化したこととおなじように制作側も苦労することが多いだろう。でもそれがより魅力的に感じるので、選択肢があれば3D版の上映を見るだろう。

いつの日か、メガネの無い3D映画を体験してみたい。

4796870636