Webサイト開発・運営

iPhoneからの写メール投稿にはmailto:ではなくsms:を使って宛先指定する

最近は災害対策関係も含めてスマートフォン向けのサイトしか使っていません。jQuery mobileを便利に使わせていただいています。

さて、写メール投稿機能。
実は携帯ではそれなりに出来ていたのですが、iPhoneの場合は悩むところが多いのです。

普通にaタグのhref属性にmailto:と入れたいところですが、すると“メール”アプリが立ち上がりいます。いわゆる、i.softbank.jpや自分で追加設定したGmailなどのアドレスが送受信できるメールアプリです。
これの欠点は「添付できない」ことなんです。だから写メール投稿も出来ません。

そこで、画像が添付できるSMS/MMSアプリを起動するにはどうしたら良いのかをだいぶ前に調べていました。

iPhone Safariから画像を投稿する方法 - Shin x blog

このサイトにあるように「sms:」をmailto:の代わりに付ければ良いようです。しかし、mailto:でできたような、subjectやbodyの指定は出来ませんでした。

というわけで、送信先のアドレスをユニークにするとかメールサーバー側での設定が必要そうです。逃げ道としてはメールの件名とか本文にパスワードみたいなのをコピペさせて、受信側のプログラムでそれを見て判別するということもありそうですが、ちょっと確実性には欠けるでしょう。

iPhoneとの親和性を高めるのにはアプリをつくってしまうのが一番よさそうです。ただ、日本の文化としては写メール投稿のほうが浸透しているので、そのような作りが確実に出来る方法があれば、なおいいなぁと思っています。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

wackey

Webディレクター・プロデューサーなどで大手企業サイトの構築に携わった後、インターネット広告営業やWebコンサルティングなどを行う。フリーランスを経て2012年にプラス・ムーブメント合同会社を設立。Webサイト・システムの制作やブロガーツアー・イベントなどの企画・運営を行う。地域ブログをまとめたLocketsというサービスの事業責任者としてビジネスを展開。 2015年にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社に入社。 レビューズにてインフルエンサーマーケティング事業の立ち上げに関わり運営。またアンバサダープログラムの運営など多くの企業の支援をバックアップしていた。 現在プラス・ムーブメント合同会社を経営しつつ、新しい働き方について模索している。 主な著書に「アフィリエイターのための Web APIプログラミング入門(ビー・エヌ・エヌ新社)」がある。

-Webサイト開発・運営