カッとなって日本語文章校正支援ツールを作りかけの件

日本語文章校正ツールXML

一般的に車輪の再発明という言葉で同じようなものを作ることはヨシとされていません。ただし、例外もあって、同じようなツールでも自前で用意したい場合があります。

すでに日本語文章校正ツール – フリーで使える表現チェック・文字校正支援Webツールという素晴らしいサイトがあるのですが、例えば会社の報告書とかラブレターとかそういったものを外部のサイトに入れたく無い人も少なくないのではないかと思います。便利なんだけど、ちょっと抵抗がある、と言いましょうか。
システムに少し理解がある人であれば、入力されたデータが外部サイトで晒されたり、それをデータベースに入れて悪用するとか、落とし穴があることが容易に想像できます。

そこで、自前でつくろうと思ったタイミングが徹夜作業をしての午前5時ごろ。
もう、そのタイミングではいろんなコトに追い込まれながらカッとなった勢いでツールをつくり始めました。しかもその後午前9時には別イベントで出かけなければならないので、ツールを作って、文章校正をひと通りして、準備をするという〆切もあり、時間はほとんどありませんでした。

上記のサイトと同様にYahoo!のテキスト解析、校正支援APIを利用します。
ブログや執筆中の原稿等の文章の校正に使うので、GETではなくPOSTで処理することにしました。
textareaに文章を入れてPOSTで投稿してそれを元にAPIへPOSTでリクエストを行います。普段はGETでしかやってこなかったことと、具体的なやり方がイメージで出来なかったので、暗中模索でいろいろ試しました。
今までのWeb APIプログラミングと違ってハマりまくったので、午前6時ぐらいまでかかってしまい、かえって、諦めるという選択肢が頭に思いつかないぐらい追い込まれました。

コードとしてはこんな感じのことを書いています。

[php]require_once("apiconfig.php"); //appidを$yahooappidに代入しているファイル
require_once("apifunc.php"); //このファイルでは何もやってません
$keyword=$_POST["keyword"];// POSTで文章を受け取る
$keyword4url=urlencode($keyword);// 文章をURLエンコードする
$url="http://jlp.yahooapis.jp/KouseiService/V1/kousei";// 校正支援APIのURL
$ch = curl_init();
curl_setopt($ch, CURLOPT_URL, $url);
$post = "appid=".$yahooappid."&sentence=".$keyword4url;//パラメータ設定
curl_setopt($ch, CURLOPT_POST, 1);//POST指定
curl_setopt($ch, CURLOPT_POSTFIELDS, $post);//POSTするデータを指定
$response = curl_exec($ch);
curl_close ($ch);
//var_dump($response);
?>[/php]

結果、ある程度できたのですが、最後にうまくXMLをパースできなかったので、ざっくりとXMLファイルを読むようにしています。というわけで作りかけです。

よく考えれば、以前はブログでも上記サイトで校正していたのですが、最近はおろそかになってきています。そして、誤字脱字、微妙な言い回しの文章が自然と増えてきているので、ちゃんとチェックしたいなぁ、と思いました。
そういうわけで、WordPressプラグインChrome Extentionかわかりませんが、文章構成用のツールでもちゃんと作ってみようかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です