AMNさん経由でお借りしていたさくらインターネット様のCore2Duoプランを3ヶ月試用させていただきました。その際に自分のメインブログを載せて実際に毎日のように使用感を体感して大変満足したのですが、一旦修行中のさくらVPSに移して、今後のアクセス増の時に契約を検討したいと思います。

以下、Core2Duoプランについての記事です。

さくらインターネット「Core 2 Duoプラン」を使い始めます!
さくらインターネット「Core 2 Duoプラン」にブログ移転!
WordPressも10分でインストールできた!さくらインターネット「Core 2 Duoプラン」
さくらのマネージドサーバを選ぶとすればどちらを選ぶか

さて、今度はさくらのVPSへ移転します。

ジログWordPressを使用しています。
移転するにはデータベースMySQLのデータを移すこと、同時にWordPressで運用してきたフォルダをそのまま移行先のサーバへ移すことです。
ここでは超速で移転する必要があったのでwp-config.phpを書き換えるのが面倒なのでデータベース名とかユーザ名とかは変わらないように移転しました(書き換えることを強くオススメします)。

まずは、管理画面からデータベースのエクスポートです。
さくらインターネットマネージドサーバーにはレンタルサーバ同様の管理画面で使いやすく、PhpMyAdminへのアクセスもしやすいです。
このPhpMyAdminでエクスポートします。エクスポートされたデータはVPS側でインポートします。
インポートする時はまずデータベースを作成します。その時に面倒臭がり屋はwp-config.phpにすでに書かれている同じデータベース名、ユーザ名が使えるようにPhpMyAdminで設定しました。

次にWordPressを含むファイル類ですが、FTPでダウンロードして、VPSにアップロードしても良いですが、さくらインターネットのサーバではSSHも使えます。SSHが使えると、ログインしてサーバ上でフォルダを圧縮して容量を減らせます。逆にVPS側でもSSHでログインしてwgetでその圧縮されたzipファイルをダウンロードでき、それを解凍して展開できます。つまりローカルに一旦ダウンロードしたりすることなく、ファイル操作が出来ます。
つまり、サーバ上でZIP圧縮、そしてVPS側でwgetとダウンロード、unzipで解凍、と一気にファイルを操作します。
昔のレンタルサーバ間でのサーバ移転ほど時間はかかりません。

次にドメインDNS切り替えです。
バリュードメインドメインを使用しているので、ここのDNS情報をVPSIPアドレスに書き換えました。

そしてDNSが浸透する間にVPS側でhttpd.confでバーチャルホストの設定、httpd再起動、といった感じでしょうか。

これで、ほどなく、サーバ移転作業が完了しました(メールサーバ以外)。
だいぶVPSやらLinuxというのに慣れてきたので、この一貫の作業を10分ほど(体感)で完結できたのではないかと思います。

たまたまムジログの過去ログを見たのですが、2年前のこの記事です。

ムジログをホスティングしているサーバーを移転します – [Mu]ムジログ

現在、ムジログを置いているのはCORESERVER.JP というところなんですが、最近夜間のレスポンスが時々遅いこともあって移転を検討中です。というかいきなり移転してしまいそうです。

もともとMT自体も重いので、キャッシュなどを調整して改善はしたものの、それでも追いつかないところがあるので、調べてみると、サーバーの管理者画面すら表示できないことがありました。

うわー、2年前ってまだMT使っていたんだぁ!という発見。もうWordPressは2年以上余裕で使っていると思っていたのですが、まだまだ利用歴1年超の初心者でした。

で、このころからレンタルサーバの限界を感じ、VPSとか専用サーバが必要だという意識があったのですが、まさか月額980円という格安VPSさくらインターネットから出るとは思いませんでした。レンタルサーバの会社なのにさくらのVPSはカニバってしまうんじゃないかと心配です。

さくらのVPS

今のところ専有サーバと変わらず快適に動いています(それほどのアクセス数でないこともありますが・・・)。
日々修行していきたいと思います。

※この投稿は移行後のテスト投稿です(笑)

追記:chown -R apache:apache musilog.netという作業も必要だった気がして追加しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です