スクリーンショット(2010-04-30 12.27.32).jpeg

要望が上がる前からわかっていたのですが、twitterのコメント欄にURLそのままだと長すぎてあまりコメントができません。多くのTwitterクライアントではそれを自動的に入れる仕組みがあるので、このプラグインでもそうしようと思っていました。

採用したのはTwitterでもおなじみの「bit.ly」。

短縮したURLのクリック数もわかるので効果測定にも良いのではないでしょうか。

201004301228.jpg

これは昨日作成したbit.ly短縮URLですが、どれだけクリックされているかわかりやすく表示してくれます。その他の分析ツールもあるようですが、ここでは割愛。

使い方について説明します(ここではカンタンに)。

■インストール

プラグインのダウンロード・インストールは下記ページの右側「Downlocad」ボタンから。

WordPress › Tw Anyware comment system « WordPress Plugins

WordPressプラグインの自動アップグレードや自動インストールが動く方は、プラグインの検索から「Tw Anyware」で検索すると出てきます。それをクリックしてインストールなりアップグレードしてください。

■管理画面の設定

管理画面は下記項目があります。

スクリーンショット(2010-04-30 12.01.42).jpeg

一番上からTwitterAPIキー(取得が必要)、Twitterユーザー名、その次にコネクトした読者に対し、自分のTwitterプロフィールを見せるかどうかがあります。

そして今回のバージョンでbit.lyを使うための設定項目二つを入力することが出来ます。ここを空欄にすると短縮してない普通のURLで出力しますが、入力すると短縮URL作成のスクリプトが動きます。ここの値が正しくないと処理されませんのでご注意ください。

これで変更を保存をするとブログ1記事を表示しているとき(single.php)にこのコメントシステムが動作します。また、補足ですが必要なJavascript群をフッターに表示しているので、フッターを使ってないテンプレートを使っているとうまく動作しないかもしれません。

APIキーの取得方法

今回のTwitterAPIキーの取得の仕方はこのサイトが参考になるでしょう。

「まずはアプリケーション登録」と「アクセス権限について」

もちろん、ご自身のTwitterアカウントが必要です。

bit.lyAPIキーは サイトに行き、ユーザー登録して、アカウント情報のページを表示すれば左カラムに「API Login」と「API Key」の二種類書いてあるのでそれをメモします。APIキーは長いので左カラム側じゃなくて、そのページの二段目に表示されているのをコピペすれば良いでしょう。

気を付けるのはコピペするときに半角スペースがくっついてきて、うまくプラグインが動作しないことです。コピペしたときに半角スペースがついてないか確認してください(ボクはこれではまりました)

では、ぜひこのプラグインでブログとTwitterを楽しんでください!

要望とか意見とかあれば、こちらでコメントしてください(試しにTwitterコメントシステム使ってもらってもOK!)  

2 thoughts on “bit.lyの短縮URL出力にも対応したTwitterコメントシステムプラグインリリース!効果測定にも

  1. sweettone より:

    前略、
    私は複数のtwitterアカウントを持っており、各カテゴリーごとにアカウントを分けて表記したいのですが、このプラグインは1つしかアカウント設定できないのでしょうか?何か対応策があれば教えてください。

  2. wackey より:

    現状、カテゴリーごとにTwitterアカウントを分けることを想定しておらず、またそのような拡張も容易ではないため(汎用性が無いため)、対応策はご提案できません。
    すみません。
    逆にカテゴリーごとにブログを独立させて(WordPress3.0からのマルチブログ機能などを使って)、それぞれのブログごとにTwitterアカウントを設定するのが近道だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です