3Dテレビ元年と言われていくつかの3Dテレビが販売されてきました。ボク自身も過去に様々な3Dテレビを体験させていただくイベントに参加させていただいたり、家電量販店で見たりしていくつかのメーカーのテレビを体験してきているつもりです。また映画館でも何カ所か3D映画を見てその違いを体験してきました。

今日観てきたのはそれらとは明らかに別物と感じさせるぐらいの「今まで躊躇していたけど、もう買ってもいいんじゃないの?」後押しさせるぐらいの映像でした。

というのはやっぱり今までの3Dテレビの印象というのが、チラついたり画面が暗くなったり視野角の問題があったりなど(メガネも面倒という話もあり)、値段以外に敷居も少し高い部分がありました。しかし、今日発売が発表されたLGエレクトロニクス・ジャパンの「CINEMA 3D」シリーズはそれらの問題をすべて解決したかのものでした。

説明を聞く前にまずはひと通り映像を見ました。従来の3Dテレビとの比較もあわせて。もうこれが「良くなった」とかそういうレベルではないのです。これならいいかも!と考えが切り替わってしまうレベルです。

重要なポイントは3Dの方式で「円偏光FRP」というのが採用されています。メガネと言えどもアクティブシャッター方式と言われるシャッター切り替えで3Dかのように感じさせる方式ではなくて、特殊なフィルムをメガネに張るだけで実現しているので、電池も不要、チラツキなども軽減して明るく見えます。

lgtv

従来の3Dメガネに比べ圧倒的に軽い。

従来型のメガネ。

CINEMA 3D用のメガネ。
このように構造もシンプルで軽くなります。電子部品もいりません。メガネをかけるという動作自体は従来の3Dテレビと変わらないかもしれませんが、メガネをつくるのにそれほどコストはかからず1,000円前後で発売するとのこと。また、デザイナーが作ったメガネとかバリエーションも展開しやすいので、今後この方式が広がれば、サードパーティー製のものも出てくるかもしれません(ゲストでいらっしゃっていた西川さんの話によると、他の場所で入手したメガネでも使えたとのこと)。家族で見たり友達で見たりすることにも向いているでしょう。

要は3Dメガネの方式がシンプルなのでコストも抑えられ、目の疲れも軽減される。そして明るさも改善。良いことづくしなのです。通信とかシャッターとかそんな電子制御が必要ないのです。
メガネかけている人もこれを装着すればOK.

3Dメガネに関するあらゆる問題が解決されています。
また、視野角も問題なく、メガネを傾けても問題ないです。つまりソファーとか横向きに寝転びながらリラックスしても問題ないのです。綺麗に見えました。過去の3Dメガネだと暗くなったり映らなくなったりします。

そして家電芸人じゃないので最近のトレンドは知らないのですが、テレビ自体にダブルチューナー搭載とのこと。意味がわからない、ハードディスクレコーダーならそれが当たり前だけど、テレビにダブルチューナーなんて。と思ったら、USB経由で外付けハードディスクに録画できるって。高いハードディスクレコーダーを買うよりも安いハードディスクを何台かで録画を使い回すなんて使い方もできそう、なんて妄想が膨らみます。

ここまでくると、予算と設置場所さえあったらついつい買ってしまうでしょう。というぐらいに、3Dテレビとしては良いものが出てきたと感じました。各種ニュースサイト等でも今日記事が出ています。

LG、独自方式の3DTV「CINEMA 3D」を発売 : 家電 : 新着 ハード&ソフト : ネット&デジタル : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
LG、新3D映像と超極薄を実現した液晶テレビ2シリーズ – CNET Japan
LG、偏光3D/新IPSの「CINEMA 3D」など新液晶テレビ -AV Watch

また家電量販店の3Dテレビ体験コーナーの行列が賑わいそうです。