グルメ

赤福は定番だがわりと困るお土産かもしれない

赤福はウマイ。

たまに食べるとその甘さで幸せになれるかもしれない。

しかし近年気になることがある。それは、なかなか難しいお土産であるということ。

消費期限が翌日まで

生ものですしね。

つまり翌々日には食べちゃいけないとなると、独身世帯だと1人で一晩で食べきるのは辛い。家族であってもそんなに一気にこの量食べられるかはあやしい。

食べきれないかも、という罪悪感を感じる。

とか言いながら食べきるけどね。

糖質制限ダイエットの強敵

もうそれを言っちゃ終わりだ。

砂糖から始まるこの原材料名を見よう。

もう糖質制限ダイエットを諦めたほうが良い、と宣告するには最適のお土産だ。

とか言いながら食べきるけどね。

食べるタイミングとヘラが一枚しか無いのが悩ましい

取り分け用の皿とかあればね。

とか言いながら食べきるけどね。

そんな愛されキャラの赤福。ぜひお土産に買ってきてほしい。

Posted from SLPRO X for iPhone.

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

wackey

Webディレクター・プロデューサーなどで大手企業サイトの構築に携わった後、インターネット広告営業やWebコンサルティングなどを行う。フリーランスを経て2012年にプラス・ムーブメント合同会社を設立。Webサイト・システムの制作やブロガーツアー・イベントなどの企画・運営を行う。地域ブログをまとめたLocketsというサービスの事業責任者としてビジネスを展開。 2015年にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社に入社。 レビューズにてインフルエンサーマーケティング事業の立ち上げに関わり運営。またアンバサダープログラムの運営など多くの企業の支援をバックアップしていた。 現在プラス・ムーブメント合同会社を経営しつつ、新しい働き方について模索している。 主な著書に「アフィリエイターのための Web APIプログラミング入門(ビー・エヌ・エヌ新社)」がある。

-グルメ