健康

輪ゴムを手首にはめて、パチっとする

イヤなことや無駄な考え事、悩みのループにハマったら、僕がやっている対処方法です。

輪ゴムを手首に常にはめた状態にします。
何か気分を変えて違うタスクに取り込んだりする“きっかけ”に輪ゴムをひっぱってパチっとします。これをしばらく続けます。
次第に輪ゴムをパチっとすること自体が合図(きっかけ)になります。

同じように「イヤなことや無駄な考え事、悩みのループにハマった」時に輪ゴムをぱちっとしたときにそれらを消去し気分を変えるきっかけとなります。

「輪ゴム・コーピング(コーピングとはストレス対処法のこと)」からヒントをもらっていますが、僕はこれはポジティブな気分を切り替える時にも使えると、思って試しています。

ところで、関係ないですが、「文化的で加圧で実用的。とりあえず手首に。輪ゴムでモテる | モテリーマン講座 | R25.jp」というリンクも読んでしまいましたw
こちらもご参考に。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

wackey

Webディレクター・プロデューサーなどで大手企業サイトの構築に携わった後、インターネット広告営業やWebコンサルティングなどを行う。フリーランスを経て2012年にプラス・ムーブメント合同会社を設立。Webサイト・システムの制作やブロガーツアー・イベントなどの企画・運営を行う。地域ブログをまとめたLocketsというサービスの事業責任者としてビジネスを展開。 2015年にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社に入社。 レビューズにてインフルエンサーマーケティング事業の立ち上げに関わり運営。またアンバサダープログラムの運営など多くの企業の支援をバックアップしていた。 現在プラス・ムーブメント合同会社を経営しつつ、新しい働き方について模索している。 主な著書に「アフィリエイターのための Web APIプログラミング入門(ビー・エヌ・エヌ新社)」がある。

-健康