頭部多汗症と思ってネットで検索して体験談とかネット上にもっとあるべきだと思った話

夏。極端に汗をかくときがある。

いや、暑くなくても夏じゃなくても汗をかくときがある。多汗症だろうか。

30代に入ってこれを感じるようになった。

今日はそんなに暑くないのに、風が無いだけで汗が噴き出す。原因の1つに湿度が高いことも挙げられるだろう。

ところでネットでその汗の悩みを検索してみて思ったことを、書いておきたい。

ネットで果たしてモンダイは解決するするのだろうか

この悩みを解決すべくネット検索した。

どれもこれも同じようなことしか書いていない個人サイトのようなものが多く引っかかる。

中には病気の可能性などにも言及しているサイトに多く引っかかる。でもそれ以上のことはない。

その多くは汗対策グッズの販売につなげている。場合によってはクリニックへの誘導だ。

確かにそれは必要かもしれない。

そうなんだけど、原因は何でどういう治療法が有効か正しい情報を、探したい、知りたいというニーズに応えるサイトはなかなか無い。

もちろんネット上には答えは無いかもしれない。でもそれならばどういった病院にいって、どういう治療が必要か公式なお医者さんの情報もみたいし、その治療を体験した人の感想や意見も聞いてみたい。

でもそれがなかなか見当たらないのである。

ちょっとこれは残念かな、と。

大なり小なりでも体験を伝えていく必要性

もちろん医者では無いので治療法とか書けないけど、もし自分だったらどうだったという体験談はかけるかもしれない。

もしかしたら、そういった第三者の声が検索して見つかるところに二、三種類あれば、それが何かの参考になるかもしれないし、場合によっては不安でしかなかった心の支えになるかもしれない。逆にある意味覚悟もできるかもしれない。

むしろ、その不安に思って検索しているユーザーに対して広告を見せるとか商売に直接結びつけようというもので占められている状態が、本当にこれがインターネットだったんだろう、という疑問まで持ってしまう。

もちろん医療系の情報は命や人生に関わることなので安易には書けない。でも、不安な気持ちに商売を、差し込む情報しか出てこないのは残念だ。

第三者の治療体験談とか見てると少しは参考になるし、覚悟することや不安を和らげることにつながるのでは無いかと思う。

今回のことだけでなく、見知らぬ誰かの参考になる可能性があるので、体験したことはなるべくブログに書いていこうと思う。別にたくさんの人に見てもらう必要がない。

困っている人の何か参考になったり、問題解決の糸口になったり、場合によっては同じ悩みを、抱えている人がいて、その体験を読むことによって不安を和らげるきっかけになるのであれば、それを書いていく意義があると思った。

Posted from SLPRO X for iPhone.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です