この2ヶ月いろんなものを失ったけど、ある意味オート断捨離

台湾旅行

個人的にはビックリするぐらいいろんなものを失った2ヶ月でした。

そういう今も風邪で寝込んでようやく起き上がったという感じで・・・。

ただ、これがですね「失ったこと」が何かに強制的に何かに置き換えられていくという出来事の連続でした。
もしかしたら、現状に甘んじるな、という自分への忠告であったかもしれません。

明確な目的や目指すべき方向性をここで産み出されました。

引っ越そう

主に自宅のインターネット回線が無くなるという出来事からなのですが、これはちゃんと決心しないとなかなか出来ないことです。
実際引っ越さなくていいと個人的には思っていますが、いろんな理由が出てきても決定的な理由が無く。

意外とこのエリアで駅から徒歩10分以内でこの家賃という条件が良いということもあるのですが、いつまでもここにいるわけにもいかず。

しかし、これは明確に長引けば長引くほど、人生の質を下げることになるので、思い切って舵を取ろうと思いました。
今はWiMaxで速度は遅いながらもストリーミングで音楽を流しながらPC作業できるので、極端に困ってはいないですが、いつか快適な環境を入れたいという思いは強くなる一方です。

最新のスマホを使い続けよう

一時期よりガジェットなどへの興味を失せたのですが、XperiaにしてもiPhoneにしても最新のものを使い続けるきっかけを強制的に与えてくれたと思っています。

Apple Payなんて別に、と思っていたのもののやはり使えるようになるとそれはそれで便利だと思うし。
Xperiaのノイズキャンセリングだけで満足していたけどハイレゾの音はやっぱり楽しまないと、と思いました。

今まで使えなかったその便利な機能などを使いこなし、その恩恵を受けることによって、生活の質をしっかりあげていきたい。

体を鍛えなおそう

1.に休養、2.に運動、これいずれも時間がいることなんですね。

12月は師走と言うこともありすでに危ないということは認識していますが、少なくとも健康でいられる時間が多ければ多いほど、上記の1.2.における時間が確保出来るわけで。

今も風邪が悪化しているのでなんとも言えないのですが、健康であれば少なくとも現状よりもいろんなことに意欲的に取り組めるし、楽しめるし、また時間もうまく使える。

そういった意味ではニワトリタマゴになりがちな議論ですが、12月はヤバイと分かっていてもとにかく休養だけはちゃんと確保していきたいなと思う次第です。

容赦なく物を捨てる

貧乏性なのか、節約家なのか、その境界線が曖昧になってしまったため、これについてもなんとも言いにくいのですが、もったいないと思って無駄に家に置いている荷物が多すぎて、かえって管理コストがかかったりなんて話はビジネスにおいても言えるんですよね。

そういった意味では物を捨てる、契約を整理する、とか本当に必要なことでもあるし、ミニマリストまでいかなくても、必要最小限のものにすることで、家の中での導線をよくして、ストレスを減らし、さらにスピードアップできるんじゃないかな、と。

そういった意味では早めにいろんな物を断捨離しておこうかと思う。大掃除と言わずに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です