音楽

音大生の進む道

2006年12月9日

最近の「のだめブーム」で音大生の生活にも注目されつつもあるが、ドラマのようなハチャメチャ振りは無かったとしても、現実問題、奏者としてやっていくのはそんなに多くないだろう。
その中で高嶋ちさ子の「高嶋ちさ子 12人のヴァイオリニスト」は、新しい市場を作っているかもしれない。

「のだめ」で注目の音大生 実は学費や職探しで苦労-本・アートニュース:イザ!

 「音大を卒業しても仕事がない状況」に着目した高嶋さんは、若手演奏家を対象にオーディションを実施した。約百人の応募者から選んだ女性たちと「高嶋ちさ子 12人のヴァイオリニスト」を結成。メンバーは生活のため、結婚式での演奏などアルバイトもしているという。

このニュース記事でもあるが、米国ではちらしのつくり方など公演を成功させるコツを教えている大学が多いという。
音大さえ卒業していれば、大丈夫という世界ではない。どうやって食っていくかを考えなければならない。それはどの世界でも同じだと思う。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

wackey

Webディレクター・プロデューサーなどで大手企業サイトの構築に携わった後、インターネット広告営業やWebコンサルティングなどを行う。フリーランスを経て2012年にプラス・ムーブメント合同会社を設立。Webサイト・システムの制作やブロガーツアー・イベントなどの企画・運営を行う。地域ブログをまとめたLocketsというサービスの事業責任者としてビジネスを展開。 2015年にアジャイルメディア・ネットワーク株式会社に入社。 レビューズにてインフルエンサーマーケティング事業の立ち上げに関わり運営。またアンバサダープログラムの運営など多くの企業の支援をバックアップしていた。 現在プラス・ムーブメント合同会社を経営しつつ、新しい働き方について模索している。 主な著書に「アフィリエイターのための Web APIプログラミング入門(ビー・エヌ・エヌ新社)」がある。

-音楽