様々な書籍で登場したQuietComfort®3
「ノイズキャンセリングフォンを買わなきゃ!」と思い立ち家電量販店に行くと肝心のそれは無かったのだが、新製品として登場していたSONY ノイズキャンセリングヘッドホン MDR-NC500Dが"騒音を約99%低減するデジタルノイズキャンセリング"という言葉に惹かれ、試聴してみたが、これがスゴスギル!ということで、これを指名買いしたくなりました。


まず、家電量販店に行って、ハシゴもして試聴するということでカナル型やヘッドホンタイプなどを比べてみるものの、カナル型は装着に慣れてないせいなのか、あまり消音されているイメージは無かった。レッスンの先生が使っているソニーのものも、イマイチ効果がわからなかった。

中途半端なノイズキャンセリングは費用対効果が見合わない、と思いなかなか手を出す決断には至らなかった。

一方、ヘッドホンタイプはそれなりに効果があったのだが、このSONY ノイズキャンセリングヘッドホン MDR-NC500Dは驚くほど騒音が消され、そのスゴサに感激してしまった。

これは3万円以上(大手家電量販店で39,800円ぐらいだったか)するものの、それだけ出してもイイ!と思えるぐらい、他のヘッドホンタイプに比べても抜きんでいた。「デジタルノイズキャンセリング」と「デジタル」と名が着くだけでも、その効果の大きさを期待させた。

その仕組みについては下記公式サイトへ。

公式サイト:MDR-NC500D│スペシャルコンテンツ│ヘッドホン│ソニー

そして、Amazonでチェックしたところ今日現在なんと¥ 31,100 (税込)¥ 29,010 (税込)との表示。

これは買いかもしれない。