大前研一流ビジネス英語を学び始めました

AirCampas

このレビューはWillVii株式会社が運営する国内最大級家電・ゲームレビューサイト「 みんぽす」から商品を無償でお借りして掲載しています。本レビュー掲載によるブロガーへの報酬の支払いは一切ありません。レビューの内容につきましてはみんぽすやメーカーからの関与なく完全に中立な立場で書いています。(唯一事実誤認があった場合のみ修正を行います)商品無償貸し出し
サービス「モノフェローズ」に関する詳細はこちら
みんぽす

みんぽすさん経由でビジネス・ブレークスルー大学 実践ビジネス英語講座(略称:PEGL)をこの9月から受講させていただいております。
平たく言えば、ネット動画やテキストを利用して時間・場所を問わず英語が学べる講座です。

この中で特に価値を感じるのは大前研一学長直伝の講座もあり、コンテンツも幅広いものです。

英語は高校時代以降は自信が無く実践する場もありませんでした。
この講座を受けてみようとおもったのは、昨今のインターネットビジネスが拡大していく中でスピード感や国際化が激しくなっていく中で、やはりビジネスでも使える英語を身につけたいと思っていたからでした。

そんな自分にも適した、授業がありました。
それは、日本人にありがちなビジネス英会話での失敗例。また、そういった急にビジネス英会話に巻き込まれたときの対処方法の紹介などです。
今までの受験英語の常識をぶち破る他、もっと自由な感じで英語を話せるようになればいいんだ、という意識改革を与えてくれたと思います。

そして、アウトプットというのがあり、毎月課題があります。
確かに毎日確実に受講できればよいのですが、忙しいビジネスマンには難しい日も少なくありません。しかし、課題があることにより、少なくとも、その締切りを守ろうという意欲もわきます(実は締切り当日に締切日に気づいて慌てて22時から必死になってやった、というオチもありますw)。
この課題も英作文で提出するのですが、きちんと返事も返ってきて、次なる意欲にも繋がります。

ところで、今のところ、Windows版のAir Campus2というソフトしか使っていませんが、iPhoneやiPad版のアプリも出ているようです。
Windows版は使っていて、少し使い慣れるのに時間がかかった印象がありますが、毎日繰り返していくことで慣れていきそうです。情報収集用のRSSリーダーも搭載されており、英語のニュースも勉強と同時にこれでまとめて流し読みするのも良いかもしれません。
iPhone版やiPad版はパソコンの前にいないと勉強できない、という壁を越えてくれそうなので、実際の使いご心地について試してみたいと思います。