格安スマホアンバサダー 楽天モバイル

先日、格安スマホアンバサダーの「いまさら聞けない格安スマホで家計救済!なんでも教えますイベント!」に参加しました。

家計救済、「格安スマホ」というぐらいなので、つまり節約につながるってことは、なんとなく誰でも想像できそうなことです。

しかしですね、そんなことよりも大切なことは「選べる自由」ってことだったんですよ。
それが「格安スマホ」の最大のポイントではないでしょうか。

契約時や機種変更時にあれやこれやを半ば強制的に申し込まされない

2年前に怒りも加わって書いたエントリーのことを思い出した。

正直、この時だけではないです。
ここ数年機種変更をする機会がある度に、店員から同時加入のサービスを多々半ば強制的に申し込まされる。

「初月無料」「翌月以降解約してOK」とか言われて、絶対使わないような動画のサービスなどに加入させられる。それ以外にも謎のオプションを追加されていたり。
うっかり解約するのを忘れて(解約の仕方がわからなくて)課金されている人も少なくないでしょう。

1ヶ月で数百円のことかもしれないけど、これらを積み上げていくと年間で数千円とか1万円とか行くでしょう。

そしてその中には確かに必要そうなサービスもある。
端末の保証サービスとか、SPモードとか。

なんとなく納得してしまい「あ、はい、申し込みます」と言い続けて申し込んだオプションサービスはいくつあるでしょうか。
それってないと困るオプションだけど、気がついたらオプションで追加料金いるみたいな。
例えばdocomoのSPモード。これが無いといまのスマホとしては困るんだけど月額300円なんですよね。

こういう細かいオプションの上乗せで年間いくら払っているんだろう、と思ったら、急に冷めてきた。

格安スマホはシンプルな料金体系で、契約時に既存キャリアのショップでやるようなオプション強制加入的なのがない。
その代わり端末の保証サービスとか必要と思えば、自分の意志で加入しなければならない。忘れると自己責任ではあるものの、余分なものの押し売りが無いのだ。

そう、機種変更をする度に嫌気を感じていた我が家は格安スマホ(iijmio、楽天モバイル)にMNPして正解だったかもしれない。

必要に応じて必要なオプションサービスを選ぶ自由

あまりにもユーザーに自由にオプションサービスを選ばせることが出来るせいで、そんなオプションあったのか!ということも多々あるので、復習しておく。

楽天モバイルの事例をここであげておこう。

このページの下の方にある(気づかなかった・・・。それぐらい押し売りする気がさらさら無いことがわかる)。

ああ、あるんだ。オプションこんなに。

すっかり留守電とかのサービスが携帯電話にあるのを忘れていた。現在は電話する機会も減り、FacebookメッセンジャーやLINE(LINE電話)などで用が済んでしまうので、個人的にはすでに留守電サービスとかいらない。
でも、まだまだ電話中心のビジネスシーンではいりますよね。

そういった方にもデフォルトで留守電オプションを付けるのでは無く、押し売りされることもなくユーザーが選べるというのは大きい。

特に「端末補償・スマホサポートパック」は意見が分かれるところかもしれないが、既存キャリアにあって、何度か助けられたことがあったので、これは入っておきたいと思うサービスだ。

格安スマホと言えども端末は安くないですしね。(でも端末によってはその安さから買い直したほうが良い、という考え方もできそう)

格安スマホに申し込む時はオプションも吟味しよう

というわけで、オプション類押し売りされることがなくて、逆にシンプルすぎてあっさりしすぎてしまうわけですが、これらのオプションを追加することで既存キャリアにあって無くなるものもあるので、吟味しておきたい。

特に端末購入契約時しか申し込めない「端末補償・スマホサポートパック」については、申込前に検討しておきたい。

新規お申し込み時に同時にお申し込みください。
端末とSIMカードセットを同時購入・お申し込み時にのみお申し込みいただけます。
※楽天モバイル既存会員の方は追加でのお申し込みはできません。

というわけで、イベントの内容はほとんど書いていないが「選べる自由」というキーワードを聞いて、感銘を受けたのでその点を掘り起こして記事にしました。

もちろん、ここにはオプション以外にも端末を選ぶ自由ってのもあるのですが、サービスやオプション、端末など含めてすべて自由に選べる、というのが格安スマホのメリットである。

料金プランもシンプルでそもそも安くなっているのだが、目に見えないオプションプランなども加味すると、選ぶ自由があることによって結果的により安くなる(既存キャリアが無意識に半ば強制申込させられ結果的に高くなっている)ということを理解しておきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です